ウィンダミア湖にネッシーのような生物が撮影される

ness

スコットランドの代表的な湖「ネス湖」では謎の生物「ネッシー」が多数目撃され台を読んでおりますが、その他の湖でも未確認生物が発見されることはよくあるようです。こちらはイングランドにある「ウィンダミア湖」で撮影された謎の生物。名前はまだ不明ではありますが「ネス湖」がネッシーならば、ウィンダミア湖の生物はウィンダッシーか。


uin

ー新たなネッシー伝説か?

この写真を撮影したのは写真家エリー・ウイリアムズ。家から150マイルある湖で撮影された湖「ウィンダミア湖」で終日写真を撮るために三脚を用意していた。

そして、彼女は今まで見たこともない衝撃的なスナップに出くわしたが、スマホで見た際には白鳥やガチョウではないかと思ったと話す。

現段階ではこの生物が何であるかは不明だがこのような生物は過去にも何度ももk激されており、この地方では伝説となっている

ただしその中には「巨大なうなぎ」や「蛇」か何かの間違いだろうと推測されていたが、現段階では詳しいことがわかっていない。

ということはやはり「未確認生物」ウィンダッシーなのである。
ちなみに写真家エリーは24歳。

参照元
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/loch-ness-monster-creature-photographed-4204637

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。