大のオッサンだが、妖怪ウォッチに並んだら「大きなお友達」が蔓延っていた。

写真 2014-09-15 8 37 47

ついにAppleウォッチが発表されましたが大きなお友達はワクワク胸を躍らせながら来年を待たなければなりません。そんな中国内のウォッチ「妖怪ウォッチ」のほうは、こちらも大盛況で毎週どこかの玩具屋で家族が長蛇の列を作り、当たるのかどうかもわからない玩具目当てに朝早くから並ぶ姿が見受けられます。しかしなぜそこまで並ぶ必要があるのか。ネットでは買えないのか?百聞は一見にしかず、早速並んでみた。


用買うウォッチ

ーDSならどこにでも売っているのになんで並ぶの?

さて根本的に「妖怪ウォッチ」を求めなぜ並ぶのか。DSならどこにでも売っているのに・・・と思うのかもしれないが、並んでいるのはDSのほうではなく、DSやアニメ中に登場する「妖怪ウォッチ」そのものです。

実際に妖怪は呼べませんが、コインを入れることにより音声が鳴ったりしてアニメさながらの気分を味わうことができる子供向けのいわゆる「仮面ライダーグッズ」のようなものです。

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
http://yw.b-boys.jp/member/products/watch2/

ーネットでは2倍以上の値段!

では、大人であればネットで買えばいいじゃないかと思うのかもしれないが、ネットでは2倍以上の価格(1万~1.5万程度)になっております。特に新作の「タイプ零式」に関しては、非常にレアな価格設定となっております。

たまごっちの時もそうですが、市場に潤沢に流通しだせばおそらく価格は下がるのでしょうけど、そのへんはメーカー側もビジネスですのでうまく供給を調整しているのかと思います。

ーということで前置きはこれぐらいにして

ということで前置きはこれぐらいにして早速並びます。その前に並ぶ前にもその情報がどこに掲出されるのかわからないので、まずは家電量販店・おもちゃ店におしげなく足を運び常に「いつ並ぶのか」という情報をキャッチします。

写真 2014-09-15 8 37 47

並ぶ日が判明したら、まずは整理券をゲットします。これは誰にでも手にすることができますが、指定時間内に入手しないと時間切れとなる恐れもあります。

無事ゲットできても安心してはいけません、ここから抽選が行われます。おおよそ500人ほどのなかから、数人(30人弱:店舗によリ入荷数は変動)が当選します。今回は30人だったので当選率は6%。100人中6人です。


ーハズれる

IMG_4598

案の定ハズれました。ハズれたら何ももらえませんし、その後優遇されますという条件もございません。正真正銘一発勝負。これが玩具だから良いが、被災して仮設住宅の抽選だとしたら本当にゾッとする。

然し、たった数%のために朝早くから並ぶとは「よくやるなあ」と思うのかもしれないが、家族が増えれば、例えばバラけて並びそれぞれの整理券をゲットしたり、あとは大人たちが並んで当選率を増やし、子供を喜ばせるなどということも可能です。

実際に現場には多くの作業服を着た大人たちが、複数の整理券を手に番号を眺めておりました。なるほど、たしかに数人で並べば当選率がグッと上がるわけですが、純粋に子供のためであるとは限らないので、なんとも言えない世界です。

今回手に入れることができなかったのは恐らく妖怪の仕業です。

(ライター:ユカワ)

2 COMMENTS

秒刊名無し

> そんな中国内のウォッチ
句読点ぐらい打とうね。
初見で「中国がどうした?」と思ったじゃまいか。

秒刊名無し

ニートは転売で小遣い稼げそうだね。
時間は幾らでもあるから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。