トータル・リコールの世界が現実に!?アメリカで人間の記憶を記録するビジネスが始まる

mind-reading

世界トップクラスの先進国であるアメリカでは、日本人が想像もしないような斬新なビジネスを手掛ける会社が少なくない。2014年9月に開始されたMillennium Magnetic Technologies(ミレニアム・マグネティック・テクノロジー)社のサービスは、世界中の人々の関心を集めている。なんと、MRIスキャンによって分析した脳内の情報を活用して、人間の記憶をデータとして保存することが可能だという。


brain

Millennium Magnetic Technologies社(MMT)の設立者であるドナルド・マークス氏は、神経工学の研究に携わる中で、脳の活動パターンを記録すれば人間の思念・感情も同様に記録できる可能性があることを発見した。そしてドナルド氏は特許を取得した記憶認識テクノロジーによって、見事世界初の記憶保存ビジネスの立ち上げに成功したのである。

記憶を記録する際には、MRI(磁気共鳴画像)と呼ばれる装置で脳内をスキャンされながら、様々なパルスの変化を観測するためにおよそ40種類に渡る質問に回答していく。次の質問に移行する前に10秒程度の間隔をとられるため、記録時間は軽く見積もっても10分以上はかかる。分析結果はMMT社のデータサーバに保存。自分の記憶を記録として恒久的に残すことが可能となる。

残念ながら現在の科学技術では記録されたデータを記憶として完全に戻すことはできないが、将来的には保存データをヴィジュアル化してスクリーンに投影することも可
能になるという。また、様々な記憶データを読み込んで、自分だけでなく他人の行動を脳内で追体験するような驚くべきプランも考案しているとドナルド氏は語る。

アルツハイマーのような認知症に悩む方々にとって、自分の大切な思い出が心の中から消えていくのは絶望以外の何物でもない。しかし、MMT社の記憶保存サービスを活用すれば、忘れたくない思い出を一生守ることができる。特に、高齢化の進む日本で今後非常に注目されることだろう。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF映画「トータル・リコール」には架空の記憶を脳内にインプットする近未来のテクノロジーが登場するが、MMT社のサービスはまさにSFの世界を想起させるドリームビジネスと言えよう。ちなみに、記憶保存サービスの料金は約2000ドル(およそ21万円)である。少々割高だが、興味のある方は申し込んでみてはいかがだろうか。

―海外の反応

・すげえな!
・いよいよ人間の記憶が外部記憶装置に記録される時代がやって来るのか。
・難しすぎてよく分からないんだけど、具体的にどういうシステムなの?
・物を見たり何かを考えたりしている時の脳内の活動を記録する装置だよ。たとえば「リンゴのことを考えてる」とか「鳥の映像を見てる」といった精神活動時のデータを記録していって、記憶と関連づけるのさ。
・せっかくデータを記録しても再現できないとか、まるでコールドスリープみたいに中途半端な技術だな。
・例えるなら、プレイボタンの無いボイスレコーダーのようなものさ。会話や音楽を記録することはできても、現時点ではそれを再生する方法が無いんだよ。
・脳内のパルスを記録する技術は以前からあったんだけどね。お金を払って脳波を記録するサービスが一般人向けにリリースされたのが初めてなだけだよ。

掲載元
http://www.reddit.com/2gjrg9/

(ライター:sha-la-ku)

2 COMMENTS

秒刊名無し

香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。