凝視し続けるとなぜか消える不思議な「絵」が話題に

Ba7Kwmg

こちら実に淡い不思議な絵ですが、非常に興味深い仕掛けが施されております。とりあえずまずこの絵をずっと見続けてください。とにかく絵の真ん中を集中して、集中して、集中・・・あれ?だんだん絵が薄くなってきませんか?そして次第に絵そのものが消えていくのを感じませんか?そうです、これは凝視し続けることによってなぜか消えていくと言う不思議な絵なのです。


Ba7Kwmg
―GIFアニメでもなんでもない

こちら不思議ではありますが特に絵そのものに特殊な仕掛けが施されていたり、GIFあにめのようなものでもありません、おそらく目の錯覚によりだんだんと色合いが薄くなっていくように感じる構造になっているだけでして、いたって普通の絵。というか配色パターンといったほうが正確なのかもしれません。


―マッカロー効果ではないかと言う声も

これは縞々画像を見ていると、なぜかそこにないはずの色が浮かび上がる俗に言う「マッカロー効果」の一種ではないかと言う声も。縞々ではないが、脳の錯覚によぅて色が消滅すると言う仕組みなのかもしれない。

参照
http://wikimatome.com/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C

大変珍しい現象棚と思いますが、全ては脳の錯覚によるものなのです。でも実は、食べ物も、友達も、恋愛も、この世の全てが「マッカロー効果」による脳の妄想だとしたらなんて恐ろしくて寂しいことなのでしょう。

―海外の反応

・ 巨大ディルドのようなものを期待していたが、実際に消えてびびった。
・ 私の目がおかしいです
・ これは何魔術でしょうか?
・ 画像が変化するのを待つのに疲れたので、ついついコメント見ちゃった。
・ 脳は面白いです
・ 少しムカムカしました。
・ 私は私の左目を閉じたけどまだ消えていたわ。
・  黒い点のバージョンを試してみてください
・ うわあきれいだ。
・ どのくらい凝視していればいいのか
・ たぶん10秒ぐらい
・ 「マッカロー効果」をググッてみてください。
・ このバージョンはしばらく時間がかかった。 30秒。
・ 全部が消失し、後にドットが残った。
・ 画面近くで見ると良くわかる。
・ 5分間見つめていた。 それでもカラフルなぼかしが、何も見えなくなった。
・ 世の中が見えない。

参照元
http://redd.it/2gjxuy

7 COMMENTS

秒刊名無し

マッカロー効果よりは
トロクスラー効果だろうな

秒刊名無し

絵のモデルをしてたとき
動いちゃいけないもんだから1点を5分くらい凝視したりするんだけど
その時は視界の隅のものが薄れていったなあ
それに似てる

秒刊名無し

有識者の俺が解説してあげる
目は静止しているものを見ることができない。
この場合の静止とは網膜に対して静止ということ。
だから一点を凝視し続けるとこの絵でなくても理論的にはどんなものでも見えなくなる。ただこの絵のように淡いものだと消えやすいってだけ。
ちなみにこの機能がなければ血管とか目内部の手前側が見えて怖いことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。