温暖化ヤバイ!南極氷床の融解により地球上の重力場が激変していることが判明

gravity

世界中の科学者の間で地球温暖化による「氷河の融解」が懸念されている。寒冷地域の氷が溶けて地球の海面が上昇すると、沿岸部の水没・生態系への悪影響・養殖業の衰退など様々な問題が発生しかねない。
しかも最近になって、南極氷床の融解が地球上の重力分布をも変化させていることが判明し、関係者の間で警戒が強まっている。


variations

南極にはおよそ2700万平方キロメートルという圧倒的な量の氷が存在している。一昔前の人工衛星の観測データでは「南極の氷は溶けるどころか逆に増えている」という意外な結果が示され、南極の氷河が温暖化の影響で融解することはありえないと考えられていた。

しかしここ数年の観測結果から、やはり南極でも氷床の融解が進行しつつあることが判明。欧州宇宙機関が打ち上げた人工衛星・GOCE(ゴーチェ)から送られてきたデータを分析したところ、2009~2012年にかけての急激な西南極氷床の融解が南極周辺の重力低下をもたらしているという驚くべき現象が観測された。

地球の重力はおよそ9.8 m/s2だが、観測する地点によって若干の差異が生じる。遠心力の影響を受ける赤道付近では他の地域よりも重力が弱まるし、山地や岩場など高密度の物質が存在する地域では平地よりも重力場が高くなることが知られている。南極の重力が弱まっているということは、南極の氷が溶けている事実を物語っているのだ。

地球表面の変形によって重力分布が変化することは珍しくないが、通常は膨大な時間をかけて少しずつ移り変わる。しかし、南極の重力変化は科学者の予想を遥かに上回るスピードで進行している。ここ3年間の南極氷床の融解速度は、およそ年間125平方キロメートル。このままでは近い将来、地球の海面が10メートル近く上昇する可能性があるという。

地球温暖化は我々の気づかない所でも確実に人類への脅威を増大させている。南極氷床の融解が今後地球環境にどのような影響をもたらすのか、研究グループの報告から目が離せないだろう。

―海外の反応

・もう地球を脱出するしかねーな。
・南極の氷って増えてるんじゃなかったのかよ。
・海氷はオゾンホールの影響で増加してるけど、陸上の氷とは違うからね。
・海中に沈んでた南極大陸が浮上するだけならいいんだけどな。
・地上が水浸しになったら空を飛べばいいじゃない!
・氷が水になっただけなのになんで重力が変化するんだ?
・重力は物質の密度によって変化するんだよ。
・これはHAARPシステムの影響だ!地球を壊滅させて宇宙に逃げようとしてる連中の陰謀に違いない!
・みんなALSアイスバケツチャレンジに挑戦しろ。そうすれば氷水にすぐ慣れるさ。
・これだけの変化に気づいていながら何も打つ手がないっていうのが悲しいね。
・重力低下?月面みたいに空中歩行できるようになるのかな?
・心配いらないよ。温暖化なんかで人類が滅んでたまるかよ。
・人類は環境破壊を修正できるのだろうか?それともこれからも環境破壊を続けるのだろうか?
・気候の変化が俺たちの世界にどんな変化をもたらすか分からないのは怖いよなぁ。
・この先もいろんな環境変化が起きるのかねぇ。これはまさに「氷山の一角」ってわけだ。

掲載元
http://www.reddit.com/2i10h2/

(ライター:sha-la-ku)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。