ついに近所で「エボラ患者」!ウイルスよりマスコミの餌食に!

qEy6IT6

米国内で初となる2次感染が発覚したダラスの看護師ですが、当然の事ながら現地では騒然としております。エボラ患者の家がすぐそこにあるというのです。現在は隔離されているとはいえそれまではその家にいたのですから周辺住民は気が気でありません。更にその様子を捉えようと多数のマスコミが殺到しているとのことで物々しい空気だ。


bFWCM0Z

米国内で初めてエボラ出血熱に2次感染した看護師の家周辺の様子。防護服に身をまとった人間が徘徊しているのかとおもいきや、生身の人間が防護服ではなくカメラを身にまとっている。当然彼らは患者の家や騒然となっている周辺住民の様子を捉えようと身構えているのだ。

現在のところ「空気感染」はしないとされているが、あくまで現時点での話。これがいつか空気感染するようなウイルスに進化するもしくは、実は空気感染を起こすタイプも居るとなれば、彼らにも身の危険があるし、我々もその脅威にさらされる。

果たしてこの騒動は終息するのであろうか。それとも「ペスト」「結核」のような世界的な「パンデミック」を引き起こすのであろうか。

ーネットの反応

・ 壊滅的な状況だ非常に恐ろしい
・ 私ができることはスペインで従事していた看護婦の犬をここに置くことだ。
・ 私はジャーナリストになるように決意した
・ これはいつなんだろうか。
・ 興味深いな
・ すぐにスプリンクラーを入れます。
・ 隣に立って咳をしてやるわ。
・ これは私の家の約5ブロック先です。
・ 明らかにエボラ患者がこの地区で目撃されたと騒がれていた。
・ 危険物のスーツを取得し、アイリスのボウルを運んで通り過ぎてやるわ
・ 私も咳をしてここに立ってやるわ。
・ アマゾンで、防護服買ってこの前でダンスしてやるわ
・ 養蜂所の防護服でもいいね。
・ こいつらはエボラより恐ろしい「パパラッチ」に感染しているもう遅い。

参照元
http://redd.it/2j284m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。