水切りで最適の角度は「20度」であることが判明

mizu

あまり使い道が無いライフハックになるのかもしれませんが、川などでよく遊ばれる水面に石を投げて遠くに飛ばす遊び「水きり」ですが、これには実は最適の角度があるという研究結果が発表されました。よく平べったいものを使うという教えを聞いたりしますが、それだけではなく水を切る角度として「20度」という条件があるようです。これで水きりマスターになれるかもしれません。



kaigun

―軍用でも使われていた水切り

ユタ州の研究者によりこの「水切り」がなんとしっかり研究されているようです。その最適角度は「20度」という結論に落ち着いたようだ。また平たいという条件も重要で、実はこの水切りは遊びではなく18世紀の海軍の間では「軍用技術」として使われていたという。しかもその砲撃が船を直撃させるという実績もある。

つまり水切りを覚えれば、うまくいけば相手の船を沈没させることが出来るのだ。そう、18世紀であればね。

―ギネス記録は88回

ちなみに最高記録保持者がどんなものかきになりますよね。ギネスよると実は88回ということです。途方も無い数字のように思えますが、20度をマスターすれば夢ではないのかもしれませんよ

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。