ハリー・ポッターシリーズの新作短編小説が2014年のクリスマスイベントに公開されることが判明


 Rowling

現在、インターネット上で世界中のハリー・ポッターファンが歓喜の声を上げている。なんと、2014年の12月12日からハリー・ポッターシリーズの新作短編小説が12本もリリースされるというのだ。

作者のJ.K. Rowlingさんからの公式発表であり、ファンの流したデマではない。クリスマスに合わせたスペシャルイベントだけに、ハリー・ポッターシリーズのファンにとって最高のクリスマスプレゼントになることだろう。



wizarding-world

ハリー・ポッターシリーズは、イギリスのベストセラー作家・J.K. Rowlingさんのファンタジー小説である。魔術学校に入学した魔法使いの少年ハリー・ポッターの成長を描いた名作で、全世界で5億部もの売り上げを記録している。映画化もされたため、日本人のファンも非常に多い。

シリーズ自体は2007年に発表された”Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)”をもって完結したが、ファンの間ではいまだに続編を求める声が少なくない。そのため、シリーズ中に登場した人物たちにフォーカスを当てた後日談を描く短編小説がネット上で不定期に公開されてきた。最近では、10月のハロウィーンにドローレス・アンブリッジという敵キャラをメインにした短編が発表され、ファンから大好評を博した。

クリスマスを祝ってリリースされる今回の短編小説は、第6シリーズの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」と関連のある後日談を含めた12作品だという。宿敵・ヴォルデモートとの決戦に向けてストーリーが大きく動き出す第6巻では、ハリー・ポッターのライバル的な存在であるドラコ・マルフォイが登場する。12作品中の一つはそのドラコをメインキャラクターにしたストーリーとあって、多くのファンが期待に胸を膨らませている。

12月12日から始まる12日間は、毎日ハリー・ポッターの新作短編小説を読んで最高のクリスマスを迎えられることだろう。

―海外の反応

・絶対読むぞ!

・本当にうれしいよ。オリジナルストーリーの感動をまた楽しめると嬉しいな。

・一気に12作品も発表するのか!?それなら、あと36本は映画を作れるな。

・クリスマス商戦に向けてハリー・ポッターシリーズのDVD売り上げアップを狙ってるのかな?

・Rowlingさんは他の作品でコケちゃったからね。しばらくはハリー・ポッターシリーズの続編を書くんじゃないかな。

・ハリー・ポッターほどじゃなかったけど結構面白かったぞ。

・新作は当初別名を使って発表したからね。ハリー・ポッターの作者だと分かった途端、一気に有名になったよ。

・無知で申し訳ないが、どこに行けば読めるんだい?

・ハリー・ポッターの公式ウェブサイトで読めるよ。アカウントもいるけどね。

・いっそのこと、新刊をリリースしてもらえませんかね…。

掲載元

http://www.reddit.com/2ogwqa/

(ライター:sha-la-ku)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。