身分証明書もペーパーレスの時代へ!アイオワ州で”電子運転免許証”システムが開発される

license

役所での書類発行や銀行口座開設などの手続きを行う際、自分の素性を示すために公的機関から発行された「身分証明書」の提示を求められる。写真付きの身分証明書の中で最も広く活用されているのが運転免許証だが、万一紛失すると再発行に手間取るため管理が大変だ。
しかし、将来的にはそんな心配は無用になるかもしれない。現在アメリカのアイオワ州で、運転免許証の電子化が検討されているという。


Driver

交通省代表のポール・トロンビーノ氏は12月8日の公聴会にて、アイオワ州知事のテリー・ブランスタッド氏に驚くべき計画を提案した。これまでドライバーに発行していた運転免許証を電子化するという壮大なプランである。

運転免許試験に合格したドライバーは、自分のライセンス情報をスマートフォンのアプリで閲覧できるようになる。アプリの利用料金などの手続き費用は無料。経費の節約にもなるうえに、身分証明書の提示を求められたときは相手にスマートフォンを見せるだけで済むので非常に便利だ。

アメリカでは運転免許証が州ごとに発行されているため、この案が可決されればアイオワ州はアメリカ初の運転免許証が電子化された州になる。アイオワ州は早ければ2015年度中の施行を予定しているという。

もちろん、ドライバーは従来のプラスチック製の運転免許証交付を選択することも可能であり、スマートフォンを所有していない方でも問題は無い。また、セキュリティの問題を危惧する声も少なくないため、アプリ起動時には認証用の暗証番号入力を必須にする予定だという。

これまで電子マネーの決済時に利用されることは珍しくなかったが、もしもこのシステムが本格的に施行されれば、遂にスマートフォンが公的な身分証明アイテムとして機能する時代がやって来るのだ。まさに、スマートフォン普及率が7割近くにも達している先進国アメリカらしい画期的なアイデアである。

今後さらにスマートフォンが個人認証ツールとして活躍の場を広げていくのは間違いないだろう。

―海外の反応

・これからは警官にスマホを取り上げられるようになるのか…。嫌な時代だな。
・俺のスマホに触りたければ令状を持ってきやがれ。
・悪用する奴が現れるのも時間の問題だろうな。
・他のドライバーのライセンス画面のスクリーンショットを加工する奴とか出てきそう。
・間違いなくアイオワで偽造ライセンスIDが出回るぞ。
・スマホを盗まれたら俺の個人情報が悪用されまくるじゃねーか!
・財布を盗まれるのと大差ないさ。
・指紋認証は不可欠だな。
・このアプリとApple Payがあれば財布は不要だな。
・バッテリーが切れなければの話だけどな。

掲載元
http://www.reddit.com/2oz1o3/

(ライター:sha-la-ku)

1 COMMENT

秒刊名無し

見せるだけじゃなく、簡単に本部に照会できる時代だからねえ。酒買うときの証明レベルなら現状のカードタイプでも厳密なニセモノチェックなんてしてないだろし、違反で検挙なんて場面では、ライセンスナンバーで引っ張り出す情報と同一じゃなけりゃ、捕まるわけで。別に現状より悪化する要素は無い。
逆に余計なカードを持ち歩かないで済む、スマホだけで良いし、スマホなら大抵の人が「免許証より」肌身離さず持って歩くだろし。
故障とか電池切れの経験なんて、「いざという時にー」でなったことのあるやつ、そうそう多くないだろ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。