生活の党に山本太郎が加入し「生活の党と山本太郎となかまたち」が爆誕!

nakama

政党要件を失った生活の党が26日、新たに無所属の山本太郎参院議員を加え5人となり再び「国会議員5人以上」の政党要件を満たし新たな政党「生活の党と山本太郎となかまたち」とし再出発することが明らかになりました。政党名が「生活の党と山本太郎となかまたち」というなんともギャグのような政党名はネタではなく事実のようで通称でもなんでもないのです。


―どのような政党なのか

政党は以前の生活の党を踏襲し、山本太郎が加わっている。代表者はそのまま「小沢 一郎」であり「生活の党と山本太郎となかまたち」とはいえ、代表者が「小沢 一郎」というなんとも不思議な団体となってしまった。一度は「国会議員5人以上」の政党要件を失っていたが、山本太郎の加入により再び政党として活動できる。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000329768.pdf

―ネットではどよめき「虚構じゃないのか」

ネットではこのギャグのような政党名にどよめきがおきており「釣りじゃないのか」「虚構じゃないのか」などというコメントが寄せられている。釣りでも虚構でもなんでもない。事実だ。

―山本太郎とよく間違えられる「やまもといちろう」さんの反応


山本太郎とやまもといちろうは、イスと電気椅子ぐらい違います。

―ネットの反応

・ びっくりしたけど、納得できる。 山
・ 釣りかと思ったらマジだったw
・ 昭和の音楽グループかよwww
・ 虚構じゃないのかよw
・ なに?!ふざけてんのかーー?!!!
・ 「生活の党と山本太郎となかまたち」ワロタw
・ これってどこの漫才の名前ですか!?
・ えええええええええ
・ なりふり構わぬ姿勢、凄いわ。
・ 「生活の党と山本太郎となかまたち」ってバッカジャネーノ
・ そもそも山本太郎取り込んだ時点で終わってる。
・ 小沢も落ちたなぁ
・ 小沢と太郎のゆかいななかまたち・・・・が覚えやすいじゃない。
・ 政党名がいかにも泡沫政党っぽくてイヤだ。
・ でも山本太郎、ナレーション上手いんだよなぁ…

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。