2015年ついにあのSF技術が実現する時代に突入すると話題に


706mmhU

2015年に突入しましたが皆様ご存知でしょうかあの技術がついに実現するという設定の時代になります。そうです、バックトゥザヒューチャーのあの技術です。「ホバーボード?」「自動的に閉まる靴紐?」「空飛ぶ靴?」いえいえ、それらはワリと最近実現化されており、2015年になる前にある程度形になっております。ではこちらはどうなるのでしょうか。



piza1

―ピザが復元する技術

電子レンジは凍らせた食品を解凍する技術です。これにならい、圧縮した食品を復元するレンジがバックトゥザヒューチャーで再現されておりました。

技術的にはおそらくPCなどのZIP圧縮技術に近いのかとおもわれますが、物質の組織を圧縮しそれを復元レンジで元に戻すというものです。

従って凍らせることなく、しかも場所も取らず小さくコンパクトにまとめておくことが出来る素晴らしい技術だが現時点ではまだ実現しそうにはありません。

はたして2015年に復元レンジは登場するのでしょうか。


―海外の反応

・ おそらくゆっくり水を吸って大きくなるんだな

・ 水化合物をレベル4で

・ これは脱水だろ?

・ なんだか安い冷凍ピザのように見えるな

・ 実際には、この技術が実現する可能性は高いのか?

・ 未来は今だろうが!

・ .ピザを実際に水で中和できるのか

・ これは調理スペースがどうなるかだな

・ 子供の頃地位七ブルーベリーが巨大なブルーベリーに変わるのをゆめみた。

・ 子供の頃最も実現可能だとおもっていた

・ 本当に俺らは未来に住んでいるのか?

・ パンが水を吸うんだな

・ 脱水ピザ作戦

・ 遅すぎる!これは1950年から2000年の間に実現できていたはずだ

・ ピザハットが実現できるはずだ!

・ それよりデロリアンでタイムとラベルしたいよ。


参照元


http://redd.it/2qrlul

(秒刊ライター:たまちゃん)

4 COMMENTS

秒刊名無し

生地は大きくなっても具は大きくならないに一票

秒刊名無し

>技術的にはおそらくPCなどのZIP圧縮技術に近いのかとおもわれますが
アホですか?

秒刊名無し

『ヒューチャー』ではなく『フューチャー』ですよ。

秒刊名無し

1次元cos変換MPEGを走査煎2次元差分圧縮のトロン?ウインドウ図無料版のシフト演算運用コンパクト化成功で安売り開始の海外‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。