【これはひどい】豊尻手術でタイヤの”接着剤”を注入した悪徳医師が逮捕される

buttocks

アメリカのフロリダ州フォートローダーデールで開かれた裁判が話題を呼んでいる。

被告人は、美容整形医のオニール・ロン・モリス氏。驚くべきことに、モリス氏は豊尻手術の際に女性の臀部にタイヤのシーラント剤を注入していたという。人体にとって有害物質である接着剤を美容整形手術で使用するという常軌を逸した医療行為に、ネット上で驚きの声が上がっている。


Ron Oneal Morris

自分の顔や体型にコンプレックスを抱いている女性は少なくない。「もっと腰にくびれが欲しい…」、「もっと胸を大きくしたい…」、そんな悩みを抱えている方々にとって、美容整形は理想的な医療サービスだ。費用は決して安くないが、私財をなげうってでも手術を受けようとする女性が後を絶たない。

お尻を大きくする豊尻手術の場合、シリコンや脂肪などの物質を注入して臀部の形を整えていくことが多い。しかしモリス氏は、タイヤのパンク修理などの際に使用されるシーラント剤を直接注入していた。実際にモリス氏の手術を受けた女性の写真を見れば一目瞭然だが、お尻がこぶのように肥大化して不自然極まりない。明らかにやり過ぎである。

しかも患者たちは術後に合併症や感染症を患っており、実際に命を落としてしまったケースもあった。豊尻手術の際に粗悪品のシリコンを注入されて患者が体調を崩してしまう事件は過去に何例か報告されているが、ここまで悪質なケースは前代未聞である。

タチの悪いことに、モリス氏本人は自分の術式を一切悪びれていない。あくまで自分は無実だと言い張り、4万ドル(およそ470万円)の保釈金をもっと安くしてほしいと主張する始末である。

ちなみにモリス氏は、男性として生まれ現在は女性として生活している性同一性障害の人物だ。美に対する意識が人一倍強く、自らの体にも異様な豊尻手術をほどこしている。過去にもマイアミで同様の医療事故を起こして捕まったため、ブロワードに移り住んできたばかりだった。

「私は危険人物ではありません。」と主張するモリスの言葉は裁判官に届くのだろうか。

―海外の反応

・マジで接着剤を注入しやがったのかよ!

・なんて恐ろしい事件なんだ…。

・こんな体型の奴がいたら不自然すぎるだろうがwww

・手術した奴と手術を受けた奴、どっちがアホなんだろうな。

・きっとこの女性たちは適切な処置を受けられると思い込んだんだろうね。

・チープな整形手術なんかで男を騙せると思うなよ。

・またフロリダかぁ…。

・保釈金が自分の思い通りの金額になるわけねーだろ。

・でも、ドライブ中にタイヤがパンクした時に便利そうだねwww

・女性はもっと自分の体に自信を持つべきだよ。それは神様が授けてくださった世界で一つだけのものなんだから。

掲載元

http://www.reddit.com/2s31ip/

(ライター:sha-la-ku)

2 COMMENTS

秒刊名無し

合併症や死亡事故は問題にしても、この位の尻の張り出し形成術は向こうではたまにありますね。
接着剤に関しても、手術用のと一般用では成分自体が同じというのもありますので一概には言えないです。
一般用は安価で純度や清潔度に問題があるので普通は避けますが。

秒刊名無し

再犯だったら死刑で良いじゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。