まさに大根足!ほぼ足の形の日本の大根が海外サイトで話題となる


daikon

ほぼ足の形をした大根が海外で話題となっております。これは日本で発見されたもので。長さ約30センチ・重さ約1・5キロで綾川町の自営業池内幸広さん(55)が18日に発見したのだという。この写真は海外サイトでも話題となっており、とんでもない足の大根だなどと驚いている様子だ。足の形をしたり人間の形をした野菜はよくみかけるが、個々まで忠実なものは逆に恐ろしい。



―驚くほど足にそっくり

まるで自作したかのようにそっくりなこの足は、完全な足の指そして親指、小指と徐々に小さくなっていく様子も非常にリアルだ。足のサイズは30センチということで和田アキコの27センチを凌ぐサイズである。発見者は、綾川町の自営業を営む池内幸広さん。野菜を仕分けしている際に発見され驚いたのだという。

この写真は反響を呼び海外サイトのDailyMailなどでも紹介されている。

写真:朝日新聞
参照元:DailyMail


http://www.dailymail.co.uk/news/article-2923878/Foot-shaped-radish-five-toes-goes-display-Japan-fit-size-12-shoe.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

1 COMMENT

秒刊名無しさんでー

綾川町ってどこやねん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。