ホビットの家のジオラマ風「盆栽」が「時間かけすぎだ!」そこそこ話題に

9zPam8C

ホビット族といえばロードオブザリングをはじめとする、割とファンタジー系の映画やゲーム内に登場する最もありふれた空想の種族のではございますが、特にロードオブザリングなどで登場するあのホビットの家が盆栽になって、しかもジオラマ風にアレンジされており話題を呼んでおります。盆栽といえば割と日本向けの趣味の一環というイメージですがはたして受け入れられているのでしょうか。


003-bagsend-bonsai

―海外でも人気の高いBONSAI

盆栽は英語で「BONSAI」と呼ばれるほど、日本の文化がそのまま息づいた趣味嗜好となっております。日本と同じく見て楽しむものではございますが、海外のアクティブなアレンジ要素がミックスされ、ジオラマと盆栽の良いとこ取りをしたものがこちらのホビット族の家の盆栽となります。

海外では「こんなもの作るのにどれぐらいかかるんだろうか」といわれているとおり、やはり気になるのは制作時間であり、そこまで作り上げるという「プロセス」を楽しむ盆栽よりも「完成品」としての価値をより優先視しているようにも感じる。

とはいえ確かにこれは時間がかかりそうですね。記載内容によると80時間かかったとか。

詳細は下記からご覧いただけます。
http://www.bonsaiempire.com/blog/bag-end

17-moss-detail
002-bonsai-landscape

―海外の反応

・ この品質にしあげるには多分20年
・ 細部に非常に素晴らしい点は注目。
・ ジェダイは心よりオープンになると思うよ。
・ ホビットの穴の名前は、「バッグの終わり」である
・ すばらしくアクティブな作業だ。
・ なぜかクソワロタwwwwww
・ ただただ驚くばかりです。
・ 素晴らしい!
・ なんと80時間以上にもなるとクリエイターはいっているようだ
・ いくらなんだいこれ
・ 私はここに住んでいるだろう。
・ それは私が今まで見た中で最も美しいものだった。
・ どこで購入できます????
・ 私もロードオブザリングが好きではありません!
・ 素晴らしい! とっても無駄な時間をすごした。

参照元
http://redd.it/2tjw71

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。