【涙腺崩壊】18か月前に盗まれた愛犬をインターネット上で発見!奇跡の再会を果たした家族が話題に


Richard Brower

ペットと飼い主は不思議な絆で結ばれているのだろうか。カナダのアルバータ州で生活しているブラウワー一家に驚くべき奇跡が舞い降りた。18か月前に自宅から連れ去られたジャーマン・シェパードの愛犬・Dozer(ドーザー)を、たまたま閲覧していた動物保護協会のホームページ上で発見し、無事に再会を果たすことができたという。まるで映画のような感動的な話に世界中のネットユーザーが喜びの声を上げている。



Dozer

およそ1年半ほど前、自宅の庭で飼っていた愛犬・ドーザーがブラウワー家から忽然と姿を消した。愛犬を繋ぎ止めていたピンが人為的に外されていたことから、何者かが盗み去ったことは明白だった。

リチャード・ブラウワー氏は仲間に声をかけて付近一帯を探し回ったが、努力の甲斐もなく、ドーザーの手掛かりを掴むことさえできなかった。

きっといつかドーザーは帰ってくる。必死に自分を鼓舞するリチャード氏だったが、18か月も経過するとさすがに心が折れ始めた。体を引き裂かれるような辛い生活に耐えられなくなった一家は、とうとう新しい犬を飼うことを決断した。

リチャード氏が「販売中のジャーマン・シェパード」というキーワードでインターネット検索を行うと、トップページにクレアズホーム動物保護協会の情報が表示された。何気なくそのリンクをクリックした瞬間、リチャード氏の目に信じられない映像が飛び込んできた。なんとそこには、1年半前に失踪したドーザーの写真が掲載されていたのだ。

出張中だったリチャード氏の父親が施設に足を運ぶと、シェパード犬は尻尾を振って大喜びで駆け寄ってきた。しかも、かつて自分たちが教えた芸もしっかり覚えていた。その犬は紛れもなくドーザーだったのだ。リチャード氏は電話越しにその状況を聞きながら、感激のあまり涙が止まらなかったという。

施設の関係者の話では、ドーザーは近くの農場でさまよっていた所を通りがかりの女性に発見されて保護されたそうだ。非常に人懐っこい犬だったので、誰かに飼われている犬だという事はすぐに分かったという。

ブラウワー家に戻ってきたドーザーは、現在家族と共に屋内で生活している。リチャード氏はマスコミの取材に対し、「失踪中に何があったのかは分からないが、ドーザーが無事で良かったよ。やっぱり私にはドーザーのいない生活は考えられないからね。」とコメントしている。

―海外の反応

・なんて幸運な一家なんだ!

・18か月間も近所の保護施設を調べてなかったのか?マヌケな奴だなぁ。

・この犬が保護されたのはつい最近らしいよ。本当に奇跡的な偶然だね。

・ハッピーエンドを迎えられて良かったよ。

・飼い犬を盗むなんて、ひどい奴もいるもんだな。

・きっと犬嫌いの近所のガキがわざと首輪を外したんだろうよ。

・涙が止まらないよ。このシェパードと家族には幸せになってほしいね。

・まだ2月だけど今年最高のニュースになると思うよ。

・世の中こういう素敵な話題ばかりなら良いのにね。

・これからは追跡用のマイクロチップを埋め込んでおくべきだな。

掲載元

http://www.reddit.com//2u9gzj/

(ライター:sha-la-ku)

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

感動よりも「ふ~ん」という感想。

秒刊名無しさんでー

無事で見つかって良かったね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。