いわゆる「妖怪の仕業」を検知する本物の「妖怪ウオッチ」が開発される!値段は2万

yokai

日本では妖怪ウォッチ(時計)が大流行しており、おもちゃの妖怪ウォッチが品切れになるという社会現象が起きておりました。しかしこちらの代物は「おもちゃ」ではなく本当に妖怪をサーチする正真正銘の「妖怪ウオッチ(視覚化)」であり、値段はなんと2万円を越すという。海外ですので妖怪というよりもモンスターやらゴーストといった日本よりもちょっとやんちゃなお化けが出てくるかもしれませんが、これなら持ってて恥ずかしくないでしょ。



fe

―何に使うの?

さてこちらの妖怪ウオッチですがどのような機能かと言いますと、基本的に妖気のようなものを検知して知らせるという検知器のようなものです。で、その妖気とは何かというと以下にあげられる成分を計るというのです。

・ 原因不明な音声
・ 特殊な温度
・ 謎の音

ということで、この世にはびこる不思議な「ラップ音」や不可思議な「温度変化」をキャッチするという代物で「ゴースト検知器」と呼ばれるようです。

で、その不思議な音声や温度が妖怪の仕業なのかというとそれもまだわかりませんが、判らないからこそ超常現象なのである。従って妖怪の仕業と捕らえるのが一番理論的である。

―発売はいつ?

気になる発売は今年の夏だそうです。値段は2万円ほどになりますが、2万円ほどで「妖怪の仕業」かどうかを判断する為の正確な検知器が手に入れば、子供も安易に「妖怪の仕業」に出来ないでしょう。

実に、実に大人気ないですね!

参照元

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2936160/Who-gonna-call-130-ghost-detector-Pocket-sized-gadget-claims-detect-supernatural-presences.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。