名古屋モスクに偏見殺到!イスラム国の新名称「ダーイシュ」を要望

01

イスラム国とイスラム教の区別がつきにくいマスコミの報道により、一部過激な方々がイスラム教に偏見を持ち、脅迫するという悪影響が出ているという報道に対し、外国人タレントの「フィフィ」さんが激しく非難していることが明らかとなりました。これは名古屋のモスクに脅迫や嫌がらせ等が生じている問題で、イスラム国に対するとばっちりだと考えられる。

今問題となっているのは、イスラム教とイスラム国の違いがわかりにくいという問題だ。客観的に見てイスラムの人々は外見だけでは判断できないうえ、マスコミが追い打ちを掛けるように「イスラム国」という名称を使うことにより一般視聴者が判断しにくい理由を生んでいるようだ。確かに今回の騒動を知らず「イスラム国」と聞くとイスラム教の人々という大きな括りのように聞こえる。

海外ではこうした問題を避けるべく、ISやダーイッシュなどの名称を使い明確に区別している。

現在こうした問題の影響で、大砂嵐関への偏見や名古屋のモスクに脅迫などが発生するなどの悪影響が発生している。

「イスラム国」という名称の変更を希望します
http://nagoyamosque.com/3166.html

名古屋モスク:脅迫・嫌がらせ 「後藤さん人質」で相次ぐ
http://sp.mainichi.jp/select/news/20150205k0000e040193000c.html

ーなぜ日本では「イスラム国」が使われるのであろうか。

ではなぜイスラム国があいかわらず使われるのであろうか。最も大きな理由として「IS」や「ダーイシュ」では分かりづらいのではないかという配慮だ。そもそも「イスラム国」という通称が既に浸透してしまっているというのも大きな問題である。

なお、一度浸透してしまうと別名で呼ぶ場合なかなか受け入れられないという問題もある。
(珍走団・母さん助けて詐欺等)

とはいえ、今後もこのような状態が放置されると、善良なイスラム教の人々が被害を受けてしまう恐れもありせめて名称「ダーイシュ」に変えるよう心がけたいものだ。

ーネットの反応

・ こういう状況でも、まだイスラムの名前を使うんですね
・ 『悲報』イスラム礼拝所『名古屋モスク』へ脅迫や嫌がらせの電話が相次ぐ
・ これはいかーん!と思う
・ どうしてこういうバカが後を絶たないのだろう。
・ 名古屋モスクで嫌がらせ相次ぐってことは、中日新聞のせいってことだな。
・ どれも結局イスラム国の略称じゃないか。
・ イスラム教とイスラム国の区別がつかないとは…
・ 犯人は日本人じゃないだろ
・ 勘違いはやめようね
・ 名古屋でこんな嫌がらせとか、名古屋人として恥だよ
・ どうしてこうも無神経なことができるのか。
・ これは間違ってる。矛先が違うと思うんだけど…
・ これは由々しき問題だよね。法に基づいて対処すべき
・ 「以前から偏見は強いと感じてきた
・ 「イスラム国」と「イスラム教」は別物なのか。
 

(秒刊ライター:Take)

5 COMMENTS

秒刊名無し

日本人も韓国人も大衆は変わらんわ

秒刊名無しさんでー

これだと結局
「ダーイシュ(イスラム国)」となってしまうんだよね。
個人的には
「自称イスラム国」
のほうが、わかりやすいうえにインチキ臭くて良いと思う。

秒刊名無しさんでー

名古屋民として正直な話するとな、これを機に名古屋からイスラム教徒消えてほしいわ。
イスラム国と全く関係なく、今回の事件にかこつけてモスクに電話するのがアホなことはわかっとるし、そんなことおれはせん。
おれはイスラム国とかそんなんが出てくるもっと前から、イスラム教徒には消えてほしかったんよ。
なんでかって?名古屋にいるイスラム教徒のやつら、まず間違いなく「中古車窃盗団」と繋がりがあるんだよ。実際の窃盗グループがイスラム教徒なのか誰なのかはわからん。が、その窃盗された中古車を解体・輸出してるのが、イスラム教徒の連中なんだよな。
名古屋には怪しいアラビア語の名前の中古車解体業者がゴロゴロあるんだわ。んで、その近くに必ずモスクがある。
で、名古屋港近辺にもモスクが数か所。
名古屋ではないかもしれんが、イスラム教徒が盗難車解体業者やってるのは前にニュースか潜入捜査番組でもやってたから間違いない。
イスラム国と関係なかろうが、犯罪者はさっさと出てけ。

秒刊名無しさんでー

イスラム教徒より野蛮な名古屋人こそ日本から出てってくれ

秒刊名無しさんでー

アラビア語=イスラム教徒だなんて
イスラム国=イスラム教徒より笑える
幼稚園児が適当に書いた字とアラビア語の区別も付かない癖にw
窃盗団と間違いなく繋がりがあることを知ってるあなたはなんなんですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。