本命・友人・・・相手別「バレンタインに送るチョコ」のベストパターン


1チョコ

バレンタインチョコは一般的に女性が、好きな男性や旦那さんに送るものです。しかし日頃の感謝を伝えるための義理チョコや、同性の友達と交換する友チョ コ、自分が食べるために買う自分チョコ。いろいろな種類があります。各百貨店では特設ブースができて、連日たくさんの人が訪れ、にぎわいを見せています。週末になると、身動きが取れないほどです。バレンタインの時期になると、女性はドキドキしてきて、それは好きな男性に告白するためのものであったり、街中にはチョコがたくさんの場所に売られているので、甘い物好きには単純にわくわくしてきます。


チョコ2

―本命の相手には手作りは危険!

本命の男性に送るものには、高級メーカーの1つ500円以上もするものだったりが人気だったり、手作りも根強い人気です。当日手作りは、失敗するのが心配なので、お店で買っておくのも一つの手です。プレゼントする男性もがいない場合は、友達にプレゼント場合もあります。


―友人に送るには気を使うな

友達だったら、見た目がかわいいだけだったり、面白い凝ったものだったり楽しめるのをプレゼントするのもよいです。同性同士だったり、気を使わないで交換するのも楽しいです。思わず人にプレゼントしたくなるようなパッケージは、渡した時喜んでもらえたらこちらもうれしくなります。

値段も打ち合わせしておいたら、困るようなこともありません。2人でも良いですが、大人数で交換しても楽しいです。プレゼント交換会のようです。

―自分用はなんでもええ。

また人にプレゼントしたくもなく、自分だけで楽しみたい場合の自分チョコもあります。この場合は100%自分で食べるわけですから、100%自分の好みでOKです。この場合はリッチなものを楽しみたい場合とか、家に飾っておきたくなるようなかわいい入れ物とか、実用的なものを選んでも良いです。

バレンタインにはコンビニから始まって、スーパーにも特設ブースができて、いろいろなところで買うことができます。デパートでは、広い催事場で、各地のおいしいチョコレートが売られており、時には試食を楽しむこともできます。チョコレートを選ぶだけでもとても楽しいです。たくさんのデパートを回っていろいろなチョコレートを見て、自分に合うチョコレートを選びたいものです。   

(秒刊ライター:kaede915)

1 COMMENT

神崎千恵

チョコあげたら吉本芸人たちにミレニアムズ2でネタにされたりんこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。