【想定内】世界で「幸福度」の高い言語ベスト5が発表!日本語…

MAIN-penelope-cruz-and-Javier-Bardem_R

世界にどれほどの言語が存在するか、ご存知だろうか?実際には話者が非常に少なく衰退していく言語も多く、地域によっては同じ国内にも関わらず公用語の他にも民族ごとに違う言語を話す場所も多いので、正確な数を把握する事は難しいのだが、およそ6900とも8000とも言われている。そんな中、最もハッピーな言語ベスト5が明らかになった。その詳細とは?


Rafael-Nadal_R

これまで行われた世界で最も一般的に使用されている言語の調査は、人類の進化が悲しみや皮肉よりも、積極的な事柄を表現する事によって賛助されてきた事を明らかにしている。だが、この度行われた数学者のPeter Sheridan Doddsさんが率いる、アメリカのバーモント大学の研究チームの調査は、そんな積極的でハッピーな言語とは一体どんなものなのかを明らかにしたものだ。
 
世界でもポピュラーな10の言語において、ツイッターや歌の歌詞、テレビや映画のタイトルなどを分析し、その言語のネイティブ・スピーカーが最もネガティブな言葉を1とし、普通の感情を表す言葉を5、最もハッピーな言葉を9と段階分けして評価していった結果、次の様な興味深いランクとなった。
 

―「大丈夫」が口癖の国々はやっぱりハッピーなの?
 

第一位 スペイン語
第二位 ブラジル(ポルトガル語)
第三位 ポルトガル語
第四位 英語
第五位 インドネシア語

というランク順となっている。この結果からも分かる様に、いわゆるロマンス語の中でもイベリア半島のロマンス語が、世界でも特にハッピーな言語らしい。
 

研究者たちは、世界でも話者の多い言語はネガティブな言葉よりもポジティブな言葉を好んで発する傾向がある事に注目した。しかし逆に言うと、話者が少ない言語はもしかするとネガティブな単語や言葉が多くみられる傾向にあるのかも知れない。
 
数千ある言語の中からのたった10の言語を調査したこの研究は、表面的なものに思えるかもしれないが、これからより大々的に行われるであろう言語の研究にとっての布石になるはずだと研究者たちは確信している。ところで、日本語はハッピーとはほど遠い言語なのだろうか、気になるところだ。
 
掲載元:http://www.mirror.co.uk/news/world-news/scientists-reveal-spanish-worlds-happiest-5144541
(秒刊ライター:有島 ゆうき)

2 COMMENTS

秒刊名無し

ハッピーな言葉じゃなくて「脳天気な言葉」だね

秒刊名無し

これは言語の違いではなくて文化の違いなのでは(・ω・;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。