飛行機に乗り込んだ乗客が何故か「サソリ」に襲われる騒ぎ

MAIN-Alaska-Airlines-Scorpion_R

飛行機の中が舞台のアクション映画やパニック映画はたくさんあるが、空中の限られた空間内で起こる出来事は、人々に普通以上のスリルと緊張を与えるものだ。しかしフィクションの世界でならエンターテイメントになる事件が、実際に起こってしまったとしたらどうだろうか?そんな笑えない事態をアラスカ・エアラインに乗っていた女性が経験してしまったようだ。


Hadogenes-troglodytes-winner-Best-Scorpionokk

事件はアラスカ・エアライン567便がロサンゼルス空港の滑走路を地上走行している時に起こった。今にも離陸体制に入ろうかとしたその時、なんと一人の女性乗客が機内でサソリに刺されたというのだ。急遽離陸を取り止め、再びゲートへと引き返した同便だったが機内が騒然となった事は想像に難くないだろう。
 
何故かその機内に潜んでいたサソリに運悪くも腕を刺されてしまったその女性は、飛行機がゲートに到着するや否や、空港内の医療スタッフによって手当てと体調のチェックアップが行われた。その女性は、更なる付加治療を勧める航空会社側と空港スタッフの進言を断ったものの、アラスカ・エアライン567便の機内に戻る事はなかった。
 
―サソリ探しで一時機内は騒然とした状態へ
 
その女性を刺したサソリは、その女性によって踏み潰され既に死んでいたが、もしかすると複数匹潜んでいるかも知れないという見解もあったため、機内の隅々までくまなく点検される運びとなった。機内に他のサソリが潜んでいない事が確認されると、同機はオレゴン州のポートランドへ向けて離陸した。
 
さて、何故飛行機の機内にサソリが潜んでいたのかだが、航空会社側のスポークスマンによると、はっきりした経緯はまだ分かってはいないものの、サソリが多く分布しているメキシコのロスカボスを出発した際に紛れ込んだのではという見解を示している。
 
それにしても、唯でさえ飛行機の離陸時は少なからず緊張する物だが、そんな時にサソリに刺された女性の驚きを想像すると、本当にお気の毒なニュースとしか言いようがない。命を脅かすほどの猛毒を持ったサソリでなかったのが、唯一の救いだろうか。
 
掲載元:http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/scorpion-plane-woman-stung-creature-5170602
(秒刊ライター:有島 ゆうき) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。