俺らの「吉野家」はタイではタイ米なの?早速食べに行ってきた!


IMG_3233

海外に行くと無性に「日本の味」が恋しくなることありますよね?先日、旅行でタイ・バンコクに行ってきました。タイ料理はメチャクチャ辛い上、エスニックな味付けで胃腸の調子も大変なことになってたわけですが、そんな中、街中を歩いていると目に入った「yoSHInoya」の文字。「牛丼もタイ米使ってんのかな…」と気になったのもあり、馴染みの味を求めて気がつけば入店していました。



IMG_3239

ーお店の雰囲気

外観は日本の吉野家とあまり変わらないのですが、内装はかなりファミレスっぽい作りです。後に紹介しますが価格帯が現地の物価で考えるとかなり高い(※参考:露天の焼鳥1本10円)ので高級ファーストフード的なポジションなのかもしれません。日系の小売・外食チェーンはバンコク内でも沢山出店しています(ミスドや大戸屋なんかも見かけました)が値段が高いので現地の人はセブンイレブンくらいしか利用しないんだとか。

客層ですが、私が行った時には日本人は他にいなかったもののやはり外国人観光客しかいなかったです。むしろ日本人ならまだしもアジア圏の観光客はなんでバンコクまで来て牛丼食べてるんだろ、と疑問に思いましたが人のこと言えませんね。


IMG_3232

ー値段とか

超円安のこの頃ですが、当然タイバーツとのレートも円安傾向にあります。大体1バーツ=3.5~4円で銀行などでは両替が行われています。

タイの吉野家で一番お買い得と銘打たれていた「野菜天ぷら丼」が69バーツだったのですが、これでも約240円します。「日本と変わらない」「むしろお得なくらい」と思われるかもしれませんが、バンコクの屋台では「40バーツ(140円)あれば食べきれないくらいの夕ご飯が食べられる」のが常識、現地の物価で考えれば吉野家は信じられないくらい高いのです。


IMG_3236



ちなみにタイでは食事中の水は有料です。25バーツ(80円ちょっと)の値段が付いてますが、コンビニで10バーツ(35円)でジュースやらお茶やらが買えちゃうのであんまりオススメしません。むしろ値段があんまり変わらないのでコーラとか頼みましょう。


IMG_3242

ー遂に牛丼がやってきた! 味は果たして…?

注文して5分と掛からず牛丼と野菜天ぷら丼が到着しました。言い忘れましたがバンコクでの牛丼の価格はジャスト100バーツ。350円。380円の日本価格よりは安いですがこれまた結構高いです。

と、ここまで細かい不満を挙げてましたが、いざ食べてみると

「おぉ…吉野家だ…」

と感動を覚えるレベルに日本の吉野家と同等のクオリティー。心配していたご飯も日本米で肉の食感から玉ねぎの甘みまで丸っきり同じで「そうそう!これを求めてたんだよ!」とか呟きながらとても美味しく頂けました。


IMG_3244

ーおまけで頼んだ「野菜天ぷら丼」が抜群に美味しかった

牛丼を美味しく頂いたあと、こちらも食べてみました。噂の「野菜天ぷら丼」です。

タイ吉野家イチオシなだけあって外観も中々のボリュームですが、なんといっても特筆したいのが味。天丼のタレと天ぷらの絶妙な揚げ具合が最高でコストパフォーマンス的には完全にこちらに軍配が上がりました。「野菜天ぷら丼」、オススメです。


25008c0030ff6ff7_S2

吉野家 サイアムスクエアセントラルワールド店
住所:6F Central World 4,4/1-4/2,4/4 Rajdamri Phathumwan, Bangkok

営業日:年中無休

営業時間:10:00~22:00

アクセス:BTSサイアム駅6番直結

日本語:通じないことは無いものの英語推奨

URL:http://www.yoshinoya.com/ 

(秒刊ライター:オダツカナ)

3 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

結局使われてんのかよ!?

秒刊名無しさんでー

タイ米だったのか、曖昧な記事だな。

秒刊名無し

>心配していたご飯も日本米で
書いてあんじゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。