エジプト人夫婦がISISを真似た結婚式を挙げた結果 → 案の定ネットが炎上


wedding

とあるエジプト人夫婦の実施した結婚式が物議を醸している。

医学部卒のAhmed Shehata氏(25歳)の挙式当日、黒マスクを着用した男性が突如会場に姿を現した。しかし彼はISISのメンバーではなく、ISISのジハーディ・ジョンに扮した新婦の兄弟だった。ISISの処刑用BGMが会場中に流れる中、新郎新婦が檻の中に入れられるという不謹慎極まりないイベントまで展開される。

この様子を撮影した映像がFacebook上に投稿されると、たちまち批判のコメントが殺到し炎上状態になってしまった。



cage

Ahmed氏は挙式の日取りが決まってからというもの、一生に一度の晴れ舞台である結婚式を思い出に残るセレモニーにしたいとずっと考えていた。何か伝統に縛られないユニークな企画がないかと思案していたところ、挙式の2週間ほど前にISISをモチーフにしたアイデアを思い付いたという。

黒の目出し帽をかぶってISISの兵士に扮した男たちが会場を包囲。新婦のShaimaaさんが拉致されてきたという設定で結婚式がスタートする。ご丁寧にも、彼らの右手にはニセモノのナイフまで握られている。来場者はもちろんのこと、奥さん自身もドッキリ企画を当日まで聞かされていなかったため、会場は大盛り上がりとなった。

ISISに扮した仕掛け人に導かれるまま、新郎新婦は檻の中に入れられる。ISISに焼き殺されたヨルダン人パイロットの風刺であることは言うまでもないだろう。ISISの不吉なBGMに合わせて踊り狂う一同。文字通り、「死が二人を分かつまで」共に生きようというメッセージが伝わってくる壮大な結婚式である。一生の思い出になることだろう。

しかし、この映像を見たネットユーザーの中には不快感を露わにする者も少なくなかった。今なおISISの卑劣なテロ行為が続く中、ISISをギャグのネタにするのは悪趣味だと主張する意見が殺到した。

この件に関し当人たちは、「世界を怖がらせようとした檻の中で踊るというユーモアにより、我々はテロに屈しないという気持ちを表現したかった。彼らが何をしようと、我々自身が幸せになることがISISへの反撃になるのだから。」とコメントしている。

―海外の反応

・ワロタwww

・アメリカ以外にもこんなアホなことを考える連中がいてくれて嬉しいよ。

・同感だね。

・ISISはイスラム教徒の敵だ。

・申し訳ないが、これは笑えないよ…。

・今後彼らはテロ監視リストにマークされる生活を楽しめるわけか。

・なんでちょっとふざけた式を挙げただけでテロ監視リストに入れられるんだよ。

・空港で爆弾を運ぶジョークを披露したらどうなるか考えてみろよ。

・面白いというよりキモいぜ。こんなことして何の意味があるんだ?

・彼らがISISの報復の標的にされないことを祈るよ。

掲載元

http://www.reddit.com/2xx44g/

(ライター:sha-la-ku)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。