ドレスの色問題と同様に「火星の空」の色の常識も変わるかもしれない!と専門家

kasei

ドレスの色問題では「白・金」なのか「青・黒」なのか議論が分かれましたが、同じように火星の色も現在議論が分かれております。われわれがよく知っている「火星の色」というのは写真でいいますと左側の赤褐色色というイメージが強いです。これは火星が赤いというイメージが昔から存在し現在の火星の色がそれにならって着色されているからです。


dewf

―火星の色はどのようにつけられているのか

写真[左:センターに送られた画像 中:NASAが画像処理 右:実際の色?]

火星の色は、探索機からセンターに送られてくる際黄色みがかった色をしているが、それを元にNASAが独自分析し人間が見た色(赤褐色色)に着色。それがわれわれが良く見る「火星の色」なのである。

つまりこれはリアルな火星の色ではなく、あくまでNASAが着色した色なのである。ところがこの色もあのドレス問題と同様、もしかしたら「赤褐色ではない」という専門家もいるようで、実際は一番右のより地球っぽい色なのかもしれないのだという。


―NASAはこれを否定

NASAはこの新しい色を否定。なぜなら火星の表面は赤い鉄のゴミとピンク色の空になるはずであり、探索機に搭載されているカメラの色は正しい情報ではないと主張。

人間が見た場合実際とは全く異なる恐れがあるということだ。そう、あのドレスのように。

さて火星の空は「赤」なのかそれとも「青」なのか
我々の常識が覆される新たな謎が天文学から生まれようとしている。


―専門家が考える色

265BE78500000578-2981558-image-a-28_1425586332432
265BE7A900000578-2981558-image-m-35_1425586479670

262841F400000578-2981558-image-m-37_1425586703799

ドレスの色問題

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2981558/Forget-dress-colour-MARS-people-say-planet-blue-green-pink-red.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

1 COMMENT

秒刊名無し

「正しい色」などというものは、無いよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。