【悲報】東海道新幹線「年間平均遅延時間」そのものが存在しないことが判明!

toukaidou

これはとんでもない事態だ。現在東海道新幹線の噂でよくきかれる「平均遅延時間36秒」が「50秒になった」などという情報ですがこれは「誤り」であることが明らかとなりました。そればかりかそもそも「平均遅延時間」を東海道新幹線は公表をしておらず、そのような情報そのものが誤りである可能性が強まりました。


toukaidou

ー平均遅延時間36秒とは?

年間平均遅延時間36秒というのは2013年にメディアなどで取り上げられたJR東海の快挙とされており、JR東海は遅延もなくキッチリ運行しているという認識を強めている。誰の発言なのか、それともオフィシャルな情報なのかは定かではない。

現在、これが50秒となり更に謝罪したという内容が拡散している。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20130501/247429/?rt=nocnt
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130105/biz13010507010002-n1.htm

ー実際に聞いてみた

さてこれは本当なのだろうか、年間平均遅延時間が50秒と下回り謝罪してしまったのだろうか。早速JR東海にきいてみた。

筆者: 年間平均遅延時間を50秒を超えたというのは本当ですか?
担当: それはどこの情報ですか?

筆者: インターネットの情報です。今までは36秒とされております。
担当: 私共はそのような情報を公表した覚えはなく、そのようなデータもありません。

筆者: では現在インターネットでささやかれている「年間平均遅延時間」は嘘ということでしょうか?
担当: そもそもそのような情報はありません。

筆者: ありがとうございました。

ということで50秒となったという点以前の問題で、根本的に「年間平均遅延時間」そのものが存在しないようだ。

そうなると、メディアが発表している「年間平均遅延時間」という情報はどこから仕入れたというのだろうか。ただ、大手メディアが公に発表している以上もしこれが「間違い」であるとするのであればJR東海側が指摘するはずだ。

それがされていないとなると、何らかの信ぴょう性のある情報なのだろうか。

(秒刊ライター:たまちゃん)

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

そらもうホルホルしたい人が勝手にでっち上げた数値でしょ
東海道新幹線の遅延が少ないのは確かなんだろうけど
恥ずかしいね

秒刊名無しさんでー

ttp://company.jr-central.co.jp/company/achievement/eco-report/_pdf/P17-P22.pdf
ここに載ってる気がしますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。