何これカワイイ!ミニトマトならぬ「ミニキウイ」を食べてみた!

IMAG1659

キウイフルーツと言ったら、鳥のキウイに似ていることからその名が付いたと言われていますが、これは今まで見知った見た目やサイズとかけ離れています。見た目からはキウイとはとても思えないこの小さすぎのキウイフルーツは皮ごと食べられるようです。中身や味はいったいどうなっているんでしょうか?早速試食してみました。

IMAG1663

手のひらにすっぽりと収まるほどのこのキウイフルーツ、見た目は普通のキウイフルーツと全く違います。
皮にはあの羽毛が全くなくツルンとしています。
そしてサイズ、ちっさすぎ!
ちっさいおっさんにはちょうどいいサイズのようです。
IMAG1665

皮ごと一口で食べられるようです。
というより、皮をむくとなると相当な労力がかかりそうなので丸ごと一個パクッと頬張ります。
甘ーい!
キウイの酸っぱさがなくて甘さがギュッと凝縮されています。
皮も薄いため、全く気にならずに食べられます。
果物は皮ごと食べたほうが健康的にも美容にもいいとされていることから、この一口サイズのキウイフルーツは美容を気にする女性にはもってこいかもしれませんね。
キウイの甘みを凝縮した味だという事がわかりましたが、中身はどのようになっているのでしょうか?
切ってみました。
IMAG1668

あのキウイそのまんまをミニチュアサイズにした中身です。
さて、そのままパクパク食べても美味しいですが、せっかくなのでキウイのカクテルを作ってみることにしました。
用意したのはナポレオンのブランデー、レミーマルタン。
IMAG1669

キウイを輪切りにしてプランデーを注ぎます。
まろやかにするために蜂蜜を一匙。
仕上げにレモンをぎゅっと絞ればキウイのカクテルの完成です。
IMAG1670

ブランデーに浸すと、キウイの甘さがより一層引き立ちます。
普通サイズで作るより、見た目もとってもかわいく仕上がりました。
初めてお目にかかったけれど、売っていたらまた購入したくなるフルーツでした。

(秒刊ライター:マギー)