【衝撃】何故やった!ヘビに丸呑みされたワニを5日間スキャンしてみた結果

A-Python-Breaking-Down-An-Alligator

ヘビよりもどちらかと言えば、クモやゴキブリといった虫たちの恐怖に怯える筆者ではございますが、自然界ではそんな小動物よりももっぱらヘビの脅威のほうが圧倒的に危険でしょう。それはあの凶暴なワニでさえも同じことなのかもしれません。こちらはヘビに吸収されたワニの姿ですが、それをX線でスキャンしたそうです。その後どうなるのか観察してみたということです。



A-Python-Breaking-Down-An-Alligator (1)

こちらは3日目の様子。左にある影がヘビの体内とその横にワニの体があるのがよく分かる。この時点ではまだワニの形状がわかるようになっている。この後ワニはゆっくりとヘビの体内に吸収されていくのだ。その間ヘビはしばらく食事を取らなくてもすむほど満腹となっている。

A-Python-Breaking-Down-An-Alligator (2)

5日目の様子。もはやワニと認識できないほど小さくなっている。この時点ではもうワニは単なる肉の塊にしかなっていないのだ。恐るべきヘビの胃液の消化力。

いえ、人間の胃でも同じことが起きていると考えるとなんともそれはそれで不気味ですね。

参照元
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/incredible-x-ray-photos-show-python-5595137

(秒刊ライター:たまちゃん) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。