宇宙の 法則が 乱れる!NASAが月にわずか4時間で到着できる「ワープドライブエンジン」技術を開発中!


wap



これが実用化になれば今のロケットの形状は様変わりするのかもしれませんが、NASAがとんでもない技術を開発中とのこと。なんと月までわずか4時間で到達できるという「ワープドライブエンジン」を開発中。これはスタートレックなどにも出てくるSF上の話のエンジンではありますが、光の速さを超えたスピードで移動できる夢の移動手段となります。



wap2



ちょっとまってください、光の速さであれば月までは1.3秒じゃないの?と思うのかもしれませんが、こちらの「ワープドライブエンジン」は、光の速さとまでは行きませんが今までにないほど高速で移動できるとんでもないエンジンだといいます。

技術は、電子レンジなどで使うマイクロ波を、バウンスさせて進むというものでロケットエンジンではなく電気を使う。つまり太陽光などを利用して出力を得るという素晴らしいエコエンジン。

ところがこれが大きな問題があるという。それは真空では使えないのだ。つまり宇宙空間では使えないということだ。

NASAは今まで様々なワープドライブエンジンの実現に向けて研究開発を行ってきてその都度期待を煽っておりましたが、今回もその期待だけで終わるのかそれとも実用化に向かっているのか、それは定かではないのですが宇宙空間で利用できない問題を解消すれば行けるとのこと。

実用化すればそれこそ「宇宙の法則」が乱れたようなとんでもない技術となりますが、我々が生きている間に実用化はするのだろうか。

追記:真空でできたということです

スラッシュドットの記事によると真空でもできたとのこと。

http://science.slashdot.jp/story/15/05/05/0751209/

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3063082/Has-Nasa-built-WARP-DRIVE-Engineers-claim-tested-impossible-engine-travel-faster-speed-light.html

(ライター:たまちゃん) 

4 COMMENTS

秒刊名無し

> ロケットエンジンではなく電気を使う
だ・か・ら日本語を勉強しなさいって。
「ロケットエンジン」と「電気」を等価に並べないの。
「燃焼ガスを噴射する化学式エンジン」ではなく
「プラズマエンジンに近い電気式エンジン」なのよ。
理解できないものを「記事」にしない!

秒刊名無し

月まで4時間かかるのになぜ
『実用化すればそれこそ「宇宙の法則」が乱れたようなとんでもない技術』
なのか。
光の速さを超えるとか、本当のワープが実用化すれば確かににそうかも
しれないが、この技術はあくまで今までより早く進めるだけの話。
せっかく凄い技術なのに「ワープドライブエンジン」って名前だけで
脊髄反射の記事を書いたライターのお陰で台無し。
もっとライターのレベルアップをして下さい。

秒刊名無し

香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

秒刊名無し

香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。