「危ない番組を作れ!」久々に登場した「はに丸」と田原総一朗の対談が熱い!

nhk1

子供の頃なんとなく見ていたあの埴輪のキャラクター「はに丸君」が、NHKに帰ってきた。 とはいえ、1989年に放送終了した後にちょくちょくテレビに出ていたのでなんとなく見覚えのあるキャラクターだという方も多いが、今回は「はに丸ジャーナル」というなんともきな臭い番組名に登場したのはなんと田原総一朗。現代の報道のあり方に切り込んでいた。


tawara

番組に登場した「田原総一朗」はお馴染みのテーマソングとともに登場。当然テレビの難しい「大人の事情」に関して切り込んでいくわけですが、その都度わかったような分からないような意味深なツッコミ「ハニャ」で受け流すはに丸君は非常に大人だ。

その中で注目すべきは相手から情報を聞き出す方法だ。田原総一朗は自分が裸になる、自分から恥ずかしい話をするという提案をしていた。

―田原総一朗はNHKに落ちた。

まず田原総一朗は自分がNHKに落ちたという話をあろうことかNHK局内で暴露。当然ハニ丸くんはハニャだ。

―危ない番組を作れ

NHKに落ちた田原総一朗はテレビ東京に入社。当初誰も作ったことのない斬新ナ番組を作ることにより、注目度を集めた方法などを紹介。

―クレーマーはテレビに出す

当然、クレームも多いがあえてその方々をテレビに出すことで番組を面白くさせるとの事だった。

田原総一朗とはに丸くんという異様な光景ではあったが、あえて難しいテーマを砕けたキャラクターを使い、わかりやすく紹介するというNHKの制作意図が非常に面白かった。


はに丸ジャーナル
http://www4.nhk.or.jp/hanimaru/

―ネットの反応

・ はに丸ジャーナル、明日もあるのか!録画予約しよ。
・ 田原総一朗よりはに丸のほうがかなり先輩な気がした。
・ はに丸ジャーナルすげぇ。
・ はに丸ジャーナル面白かった
・ 田原氏のコメントに、「テレビを背負っちゃったのかな?」と使命感を意識し始めたはに丸くん
・ 前回のはに丸ジャーナルの方が、鋭く切り込んでたな
・ はに丸ジャーナル、シュールで面白かったです
・ はに丸ジャーナル明日も凄そう
・ こういう過激なやり方も特番でたまにやるならともかく、毎週やるようになったら飽きられるだろうナ
・ はに丸は元祖ゆるキャラだったのか
・ もー。はに丸ジャーナル面白いわー。
・ はに丸ジャーナルやべえな
・ はに丸ジャーナル、シビアで挑発的ですごい番組だったな
・ はに丸ジャーナル 週刊でやってほしいなぁ
・ やばい…さかなクンさんVSはに丸、見たい…

(秒刊ライター:Take)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。