何がおきた!朝日新聞があまりに怖すぎる「かゆうま文書」を公開していると話題に

nazo

何かと話題の絶えない「朝日新聞」ですが、どうやらオンラインのニュースサイト「朝日新聞デジタル」にてなんとも不気味な記事を公開しているとネットで話題になっている。文書は「戦争」「平和」「自衛隊」などのキーワードを羅列したもので、文章として成り立ってはいないが、何となく何故そのキーワードのみを抽出されたのかは察することが出来そうだ。


saa

―「素粒子」というキーワードで検索すると過去記事がでてくる

朝日新聞デジタルのサイト内を「素粒子」というキーワードで検索すると謎の文書が出てくることが明らかとなった。文書は「切れ目が欲しい平和と戦争との自衛隊と米軍との乱立する「事態」の」など、意味不明なキーワードが並べられたものが多く、この書類単体では全くよくわからないのが特徴。

ネットでは「ついに壊れたか!」「もともと壊れている」など揶揄され、バイオハザードの日記になぞらえて「かゆううま文書」などと一部のユーザが恐れている。

掲載元
http://www.asahi.com/articles/ASH5C3CMVH5CUSPT001.html 

―SEO対策か?
 
この文中のキーワードはHTMLを見ると「description」にも記載されている。つまり意味を成さないキーワードを並べ、例えば「平和」「戦争」などのキーワードで上位に表示させるためのSEO対策という可能性もある。(現時点ではそんなに上位に出てこない)

いずれにせよ目的が不明であるため不気味なことは不気味だ。

(秒刊ライター:Take)

2 COMMENTS

秒刊名無し

は?
それぞれの項目に対して「切れ目が欲しい」って言ってるだけっしょ。
戦争と平和との「切れ目が欲しい」ってことだな。
いうなれば「欲しいものリスト」。
そういうときって欲しいものの名前だけ書くよね?
欲しいものリストってタイトルを書いておきながら
○○が欲しい
△△が欲しい
って1行1行書かないだろ。

秒刊名無しさんでー

朝日はクズ新聞だから読まない買わない知らない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。