iPhone6Sはヤハリ「ローズゴールド」キラキラモデルが登場するとささやかれ始める

6s2

アップルウォッチになかなか手が出せず、とりあえず安くなるのを待ってヤフオクなどで買おうかどうか迷っているという、アップル信者からしてみればフトドキものの筆者でございますが、どうやら次期iPhone6Sでは、アップルウォッチに使われていた「ローズゴールド」という色が使われる可能性があるとのこと。


6s

9月に発売されるとされる、iPhone6Sですが8月には量産体制に入ると思われます。6月のWWDCで詳しくはなされるかと思いますが、どうやら新しい色「ローズゴールド」が登場するかもしれないとのこと。これは既にアップルウォッチで使われている18Kローズゴールドモデルと同じものだ。

さてその他機能に関しては次のようなものがある。

・12メガピクセルのカメラの改善
・2GBのRAM
・A9プロセッサ
・感圧タッチ

感圧タッチは新しいMacBookやアップルウォッチにも取り入れられた「フォースタッチトラックパッド」とよばれるもので、強い・弱いなどのタッチを検知する。

ピアノアプリなどでのタッチにより深みが増しますね。

とはいえ、このままでは既に登場している機能の寄せ集めということになりそうではありますので、6月にワンモアティングでアップルファンどっと沸かせてくれるでしょう。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3078936/Apple-s-iPhone-6s-bling-Handset-come-rose-gold-vibrating-touchscreen-knows-hard-pressing.html

http://www.martinhajek.com/rose-iphone-6s/

(秒刊ライター:たまちゃん)
 

1 COMMENT

秒刊名無し

出ないと言われてるけど、iPhone4世代くらいの画面小さいやつラインナップして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。