これは凄い!水に浮くほど軽い「金属」が開発される


kinzoku

水に浮かぶ金属!ということで驚きを隠せないのですが、それを言い出すと「1円だって水に浮くぞ」「アルミホイルだって浮くぞ」と突っ込まれてしまいます。そちらのほうは「表面張力的な」もう少し違った理由で浮くわけでありまして今回の概念とはまた違います。とは言え水に浮くという結論としては同じです。


senkan

この合金は米国陸軍で開発されたとのこと。強力で軽量な素材で、トムとジェリーに出てくるようなチーズの穴のようなものが入っていることで驚異的な浮力を得ることに成功している。これで作られた軍艦は、実践でも役立ち更に燃費も良いとのこと。

つまり、今後一般的に使われている車やその他電化製品などに転用され、燃費や耐久性の向上が見込めるということだ。水に浮かせて遊ぶ金属というわけではない。


ーマグネシウム合金で水よりも低い密度

この金属は「マグネシウム合金」材料でできており、炭化ケイ素中空粒子で強化。水よりも低い密度をほこるのだという。

だから表面張力といったトリックとは根本的にことなるわけです。

個人的にはターミネーター2に出てきた、T1000のような「液体金属」のほうが興味が有るわけですが。

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3082427/The-metal-float-water-Radical-new-material-lead-indestructable-warships-ultralight-cars.html

(秒刊ライター:たまちゃん) 

9 COMMENTS

秒刊名無し

「金属でできた水に浮く素材」と表現しようね。

秒刊名無しさんでー

穴開きならその空気の分浮力増えるだろうが。
貫通してる穴なら話は別だけど。

秒刊名無しさんでー

マグネシウムって理科の実験でよく燃やさなかった?
軍事用艦船なら被弾したら最後じゃね?

秒刊名無しさんでー

要するに空気を沢山抱え込める構造にしたって事ね

秒刊名無しさんでー

軽石みたいな?

秒刊名無しさんでー

KUMADAI不燃マグネシウム的な素材かね?

秒刊名無し

ビックマックの人です。お久しぶりです。
今回は特にクレームは無いのですが,ナトリウム(金属)は
表面張力に関係なく比重で普通に水に浮きますよ。
ナトリウム以前のリチウムやベリリウムも水より比重が軽いので浮きます。
まぁナトリウム等は凄い化学反応が起きますが、割と一般常識です。

秒刊名無し

アメリカってB29のエンジンに軽量化の為にマグネシウム合金使って発火する問題に頭悩ませてたよね
フォークランド紛争の時にアルミ製の艦上構造物は炎上するから止めようっていってたよね
バカなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。