その発想無かった!SNS上の写真を「パクリ」展覧会開いちゃった猛者が話題に

copyright

近頃、リチャード・プリンスというアメリカ人アーティストがインターネット上で物議を醸している。
彼は現在ニューヨークで「New Portraits」という個展を開いており、自身の作品を約10万ドル(およそ1200万円)で販売している。優れた芸術作品が高額で取引されるのは驚くことではないが、なんとこれらの作品は全て画像共有サイト・Instagramに投稿された写真を転用したものだという。
大きなパネルに印刷された写真にオシャレなコメントが添えられてはいるが、オリジナルの画像をほぼ丸パクリしている。しかも投稿者の承諾を得ずに自分の作品として発表しているため、「これは盗作ではないのか」との声が方々から上がっている。


gallery

ちなみに、リチャード・プリンス氏の作品が問題になるのは今回が初めてではない。

彼は既存のテーマを利用して作品を制作する「Appropriation(アプロプリエーション)」という手法を推進しており、これまでにも他のアーティストの写真や広告画像をモチーフにした作品をいくつも発表してきた。アプロプリエーションは極めて法的にグレーなテクニックであり、過去に写真家のパトリック・カリュー氏から著作権侵害で告訴されたことがある。結果的には控訴審でリチャード氏のフェア・ユースが認定されたが、本件は「物議を醸す現代アーティスト」としてリチャード氏の名を世界に轟かせることになった。
art

リチャード氏は「Instagramの写真の作品化は著作権の侵害にはあたらない」と主張しており、現時点では彼を告訴するネットユーザーは現れていない。しかし、Instagramにアップロードした写真をリチャード氏に勝手に作品化された投稿者の中には、ギャラリーに飾られている作品を見て「本当に私の写真が使われてる。許可した覚えないのに。」と驚きのコメントをSNS上で公開している者もいる。

なお、リチャード氏の個展は2015年5月30日まで原宿のBLUM & POEでも実施されている。(URL:http://www.blumandpoe.com/exhibitions/richard-prince#images)興味のある方は足を運んでみてはいかがだろうか。

―海外の反応

・これって盗作じゃないの?
・投稿者の許可を得てないんなら明らかに著作権侵害だよ。いくらSNSだからってフェアユースが認められるわけがない。
・甘いな。彼は写真にコメントを付け加えてるから「作品」として認められるのさ。お前らももう少し法律を勉強した方がいいぞ。
・こいつ昔からいつも著作権でもめてるよな。
・「アーティスト」が聞いて呆れるよ。こいつは他人の物を盗まなきゃ自分では何も生み出せない奴なんだろうな。
・一流の芸術家は製作力に長け、超一流の芸術家は盗作力に長けている…ってか。
・彼のやったことはトレントで映画を違法ダウンロードするのと同様、犯罪だよ。
・10万ドルもの法外な金銭を要求しない分、トレントの方がまだマシだね。
・こんな作品に10万ドルも払う奴が一番アホだと思うけどね。
・自分でプリントアウトすれば、ほぼタダで手に入るのにな。(笑)

掲載元
http://www.reddit.com/3709gr/

(ライター:sha-la-ku)

3 COMMENTS

秒刊名無し

どこの国にもカオス*ラウンジみたいなやついるんだな

秒刊名無しさんでー

もう書かれてた

秒刊名無しさんでー

日本にもいたな
カオスラウンジもそうだし本だしたやつもいたろ
飛鳥なんとかというやつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。