これは酷い!警察官が路上で銃を片手に記念写メ!案の定炎上!


sign

カンザス市警察の現職警官の呆れた行為が物議を醸している。

二人のアメリカ人警官が市内をパトロール中、ハズブルック通りに設置されている「Stop(止まれ)」の道路標識の前で車を停めた。二人はその道路標識に警察を非難するような落書きがほどこされていることに気付くと、なんとゲラゲラ笑いながらライフル銃を構えて自画撮りを始めたという。

一部始終が地域の住民によって目撃されており、映像がインターネット上で公開されるとたちまち炎上状態になってしまった。


KCK Police

黒人射殺事件を筆頭に、アメリカでは頻繁に警察官の不祥事が報道されている。警察に対する市民の不信感は年々高まっており、その怒りを象徴するかのような落書きを街中で見かけることも珍しくない。

ハズブルック通りの路肩に設置されている標識もその一つだ。ドライバーに一時停止を求める「Stop」の道路標識には、「Cops STOP Murder’n(警察は人殺しをやめろ)」という皮肉的な落書きが施されていた。誰が見てもあまり気分の良いメッセージではない。

しかし、件の警察官たちは路肩でいろいろなポーズをとりながら楽しそうに撮影を行っていたという。わざわざ悪口の書かれている道路標識の前で、しかも白昼堂々ライフル銃を持ち出して自画撮りを行うのは、怒りに震える市民を嘲笑う挑発と受け取られても仕方ないだろう。警官たちの様子を目撃した付近の住民は、「信じられない光景だった」と語っている。

「警察官のあんな態度を見たら子供たちはどう思うでしょうか?」玄関から彼らの様子を撮影していたセレステ・ローナさんは映像を自身のFacebook上で公開し、世界中のネットユーザーに訴えかけた。

悪評は上層部の耳にも届き、事態を重く見たカンザス市警察の関係者はただちに内部調査を開始。彼らの行為は不適切なものだったと公式に謝罪した。

「我々は市民との信頼関係構築に全力を尽くしています。彼らの行為により、日々真剣に業務に従事している警察官たちの功績まで損ねられるようなことはあってはならないと思っております。」

はたしてカンザス市警察は市民の信頼を取り戻せるのだろうか。

―海外の反応

・警官の本性がよく分かるな。

・射殺事件に比べたら遥かにマシだけど、何らかの処罰は必要だろうね。

・さっさと停職処分にしろよ。

・市民との信頼関係構築に全力を尽くしているだと?笑わせてくれるぜ。

・ちょっと騒ぎすぎじゃないのか?器物を破損したわけじゃないんだし、これくらい別にいいだろ。

・同感だね。警官のイタズラなんて知らんぷりしとけばいいのに。こんなものをフェイスブックに投稿するなよ。

・俺はむしろこの写真をSNSにアップした女性の方に問題があると思うよ。警察官の仕事は激務なんだから、たまには息抜きしたって良いだろ。

・最近は何かあるとすぐインターネットに投稿する奴が多すぎる。

・世の中には良い警官だってたくさんいるんだから、みんなで手を取り合って平和な世界を作っていこうよ。

・間違いをしたっていいじゃないか。警官だって人間だもの。

掲載元

http://www.reddit.com/378rmw/

(ライター:sha-la-ku)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。