海外のドッキリ凄すぎ!本当に警官が出動し無実の男性が連行されるリアル騒動発生

swatting

カナダのトロントで発生した人騒がせな事件がネット上で話題になっている。
5月24日の早朝、とある男性から警察に救助を求める通報があった。「アサルトライフルを持った父が家の中で暴れている。今クローゼットの中に隠れているので助けてほしい。」と男性は悲痛な叫びをあげており、警察はただちに警官隊を現地に派遣した。
後にこの通報は全て男性の作り話だったことが発覚するのだが、すっかり話を信じ込んでいた警官隊は住宅に突入すると、そのまま無関係の住人を拘束し強制連行してしまったという。


Vincent Yan

この手法は海外では「Swatting(スワッティング)」と呼ばれている。もともとはオンラインゲーム発祥のイタズラで、インターネットでゲーム実況をしている配信者の自宅にSWAT(特殊部隊)を送り込んで笑いものにするというドッキリの一種である。視聴者は面白いかもしれないが、嘘の通報で出動させられる関係者にしてみれば冗談では済まない話だ。近年スワッティングは北米で急増しており、社会問題化している。

匿名の男性から通報を受けた警察は、10人以上もの警官隊を完全武装させてリッチモンドヒルに急行した。警官隊は住居内に突入すると、その場で世帯主のヴィンセント・イェン氏を跪かせて取り押さえた。

何が起きているのか全く理解できず困惑するヴィンセント氏。住居内にも争った形跡が無かったため、警官隊は件の通報がイタズラだったことを悟る。

匿名の男性の通報を受けたオペレーターは、迫真の演技だったのでイタズラだと見抜けなかったとコメントしている。しかもご丁寧なことに、ヴィンセント氏の自宅の電話線を遮断する工作まで施されていたというから呆れた話である。

悪質なスワッティングのターゲットにされてしまったヴィンセント氏は、「何故自分が狙われたのか全く分かりません。」と不快感を露わにしている。警察も「本件はイタズラでは済まされない重大な犯罪である」とコメントしており、犯人の特定を急いでいるという。

―海外の反応

・本当にタチの悪いイタズラだな。
・こんなことして何が楽しいんだ。
・犯人は完全に病気だよ。
・こういう事件をなくすためには、どんどん犯人を逮捕して刑務所に入れることが大切だね。
・厳罰を求める。
・アメリカでは特殊部隊のメンバーは口を開くより先に容疑者を撃つ訓練を受けてるんだぜ。これは本当にシャレにならないイタズラだよ。
・もし相手が特殊部隊に撃たれたら、イタズラ犯には殺人罪も加えるべきだ。
・こういうイタズラが増えたら、本当に強盗に襲われてる人の救助が遅れてしまう恐れがある。冗談でも911を悪用するのはやめてほしいね。
・警察もスワッティングを完全に取り締まる気はないだろう。捜査令状が無くてもスワッティングのせいにすれば突入できるからな。
・演技が上手いんなら、こんなイタズラしてないで役者でも目指せよ。

掲載元
http://www.reddit.com/379vah/

(ライター:sha-la-ku)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。