気をつけろ!本日から「自転車」にも法規制!一旦停止なども罰則対象に。

本日から6月1日となり、いよいよ夏が到来してまいります。心はウキウキしたいところですがこの時期からやってくるのは「梅雨」。ジメジメとした季節でなんとなく憂鬱にもなりがちではあり、自転車で出かける機会もより一層減ってくることとなりますが、気をつけなければならないのは天気だけではない。なんと自転車もこれまで以上に厳しい罰則が下ります。

―具体的な内容

では具体的な内容としてはどのようなものがあるのだろうか。「全日本交通安全協会」のホームページによると以下の様な項目が今回改正されている。

自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備

一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません。

つまり危険運転「信号無視」「一時不停止」「並走」などを行った場合、講習を受けなければならなくなる。無視すると罰金5万などの厳重な刑罰も。

道路交通法の改正のポイント
http://www.jtsa.or.jp/new/koutsuhou-kaisei.html

―危険運転に当たる行為

危険運転に当たる行為としては以下の様なものである。

・ 信号無視
・ 遮断踏切立ち入り
・ 一時不停止
・ 通行妨害
・ ブレーキ不備
・ 酒酔い
・ 並走
・ 無灯火

などです。普段は割とこれらはスルーされがちですが、警察官に見つかり講習を受けなければならないという事態となったようです。

よっぽどのことがなければ指摘はされないかと思いますが、よっぽどのことがあったゆえの法整備と考えると人事ではありませんね。

(秒刊ライター:Take)