宇宙ヤバイ!欧州宇宙機関が月面に「村」を2024年に建設することを計画!


getumen

月面基地という言葉はかねてから話題となっている言葉ではありますが、空想上の話であったりSFの世界であったりとあまり現実性がありません。問題となっているのは資材をどうやって運ぶのか、そして生活をするうえでの手法が障害となってくるわけですが現在の技術ではそれは解消できるようです。しかし問題はそこではありません。



getumen2

ー資材の問題の解消法

さてどのように月面に村を建設するかといいますと、当然の事ながら大量の資材を運ぶ必要があります。しかしそれは昔の考え方で現在であれば運ぶのではなく、月面で作ればいいのです。そう3Dプリンターか何かを使い、パーツを作りそこで組み立てるという作業です。そうすれば巨大なパーツをわざわざ持っていく必要はなくなります。

ー生活するための方法・エネルギー問題

さて次に生活ですが、実は月面からわずかに採取できる「水素水」から植物を栽培することが検討されているとのことです。

またヘリウム3などを使い核融合を起こし、エネルギーを作り出すことが可能。ということで最低限生活する環境は整います。

ー問題はカネ


さて最大の問題はと言いますと、結局「カネ」になります。現在では750億ポンド(14兆円)の費用がかかると見積もられているが、それだけ費用をかけて何が出来るというわけでもないので、さて誰がGOを出すかですね。

教授は早ければ2024年には完成するといいますが、14兆円かけて月面にそれ以上の資源があるとすれば建設する費用対効果はあるのかもしれませんね。

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3114679/European-Space-Agency-plans-town-moon-replace-International-Space-Station.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

3 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

観れば、分かるけどクレーターだらけなのに財産とか目印って意味あんのかな?

秒刊名無しさんでー

おらそんな村いやだー
そんな村いやだー
東京へ出るだーwww

秒刊名無しさんでー

どうせ、ナデシコやアルドノアゼロのように独立宣言して地球と戦うんだろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。