画期的すぎ!「iPhone+自撮り棒」で金属探知機っぽいものを作ってみた!意外と遊べる

kin2

iPhoneの新しい機種がそろそろ出そうだという噂は絶えないわけでございますが、どんな新機種が出たとしてもこの機能はなかなか搭載は見送られるでしょう。そう「金属探知機」である。非常に魅力的な機能ではありながらいまいち使うシーンが見当たらないので、おそらく今後も搭載されない。しかしこれをあえて実現させる方法があるというのだ。


―アプリと自撮り棒でなんちゃって金属探知機」

kin3

金属探知機を実現させるアプリは実は沢山あります。有料なものから無料なものまで幅広いが、おそらく機能はほぼ同じで、広告が表示されるかどうかの違いだと思われる。あとは感度などの設定もできるのではないかと思われるが今回は無料という枠組みでトライさせていただく。

ということで無料の金属探知機と自撮り棒を使い

kin2

このように金属探知機っぽく仕上げる。ちなみに自分は一切撮らない。
で、これが本当に金属に反応するのかどうかやってみたところ・・・

kin1

意外にもちゃんと反応するのだ。どういう仕組なのかはよくわからないが、磁気センサーなどが障害を及ぼした場合に反応するようで、その障害となるのが「金属」だという、うまい作戦だ。

ということで、これを何に使うのかは特に考えていないが、シャレで自撮り棒を持っていたら、何かと使えるのかもしれませんね。あまり機能的ではありませんが・・・。

まあ子供だましには面白いのかもしれませんね。
実際の動作はこちら。

次は芝刈り機でもつくろうかな。

 

動画URL
https://youtu.be/rPXqyde08CM

なかなか面白い動きだ。

(秒刊ライター:ユカワ) 

2 COMMENTS

秒刊名無し

使う場所を考えないと盗撮容疑で御用だな。

秒刊名無し

なかなか面白い使い道だな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。