1秒長い!7月1日に18年ぶりの平日に「うるう秒」実施される

45

本日7月1日に日本時間の午前9時直前「8時59分60秒」という時刻が加わり、これをうるう秒といいます。その影響により本日は1秒だけ時間が長くなります。3年前に発生した際は、平日ではなく休日だった。平日のうるう秒は実に18年ぶりなのだというが、この問題により時間をベースとして機能しているプログラムはエラーが起きる可能性も。


11

ーうるう秒とは

世界時間との誤差を調整するため、日本で1972年から導入された。通常は1秒挿入することで理論上1日がながくなることになる。地球の自転が遅くなるため挿入するわけではなく、あくまで人間の世界の便宜上調整するといったイメージだ。

これにより、機械のほうが通常ありえない「60秒」という時間がくわわることで判定が不正となるものもあるが「うるう秒」「うるう年」はあらかじめ想定して設計するのが一般的だ。とはいえ想定外の問題が起こる可能性もゼロではない。

ーうるう秒を見ようOFF会が開かれる

情報通信研究機構が下記のようにうるう秒を見ようというOFF会のようなものを開催。

日本標準時の維持・通報を行っているNICTでは、2015年7月1日(水)、日本標準時午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入します。この、60秒の表示は、一般の時計ではご覧になれませんが、NICT本部(東京都小金井市)研究本館に設置している「日本標準時大型表示装置」にて、ご覧いただくことが可能です。当日は、敷地の一部を開放し観覧スペースを設けます。また、うるう秒に関する説明会も開催しますので、是非お越しください。

情報通信研究機構
http://www.nict.go.jp/index.html

ーネットの反応

・ うるう秒なんてめんどくさいのもあるのか
・ 「うるう秒」って何?7/1日はいつもより1秒長いです
・ 今年のちょうど真ん中は7月2日正午のはずなんだけど、うるう秒があったから正確には11時59分59秒5、なのか?
・ ああああ!うるう秒終わってたぁぁ!
・ うるう秒過ぎてた。
・ うるう秒過ぎてた。一通り無事らしい。
・ うるう秒見逃した
・ ああああ!うるう秒終わってたぁぁ!
・ あ、うるう秒、見るの忘れた
・ 待ったうるう秒 ふっつーーーにすぎて
・ うるう秒に感動
・ うるう秒、何もトラブルなくてよかった
・ いつの間にかうるう秒過ぎてた
・ うるう秒によって寿命が一秒伸びました
・ うるう秒でソシャゲがメンテばっかww

 
(秒刊ライター:Take)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。