可愛すぎて女子力あがだに!ピンクの治一郎ラスクを食べてみたに。

DSC_0401

治一郎といったらバームクーヘンが有名です。食べた後に幸せになるあのしっとり感がたまりませんが、今回はバームクーヘンではなくラスクを試食してみることにしました。バームクーヘンやプリンのような濃厚さがラスクにもあるのでしょうか。洋菓子を和テイストなデザインに仕上げる治一郎ですが、ラスクは初めて頂くので楽しみです。

治一郎のラスクは全部で5種類あります。

・蜂蜜
・ちょこ
・木苺
・緑茶
・きゃらめる

今回は、キャラメルと木苺を頂きます。
ではまずキャラメルから。
DSC_0402

袋を開けると、キャラメルの甘ーい香りとバターの香りが漂ってきます。一袋10枚入っていますね。キャラメルの濃厚さが色にも表れています。早速頂きましょう。
DSC_0403

サックサクで歯ごたえがいい!甘さよりもキャラメルの風味が広がり、アーモンドの香ばしさもほんのりと感じます。
さて次に木苺です。
DSC_0404

こちらは甘い匂いと言うよりは、甘酸っぱさを感じさせる香りです。

わ~!ピンク!かわいい!
DSC_0405

思わず女子的発想をしてしまいました。一口早速頂くことにしました。
こちらもサックサク。ベリー系の甘酸っぱい味がします。甘さよりも爽やかな酸味が特徴です。
感想としては、食べる順番間違えた!多分先に木苺を食べたほうが良かったんじゃないかな?

口の中がキャラメルで甘くなっていたところに、木苺の酸味が来たので甘さを感じなかったのかも。そう思って、紅茶で口の中をリセットしてから木苺のラスクをもう一度いただくことに。
うん、今度はベリーの甘さもちゃんと感じることができました。
サックリしていて美味しいラスクなので他のフレーバーも試して全種類制覇してみたいですね。

やはり、食べた後はテーブルの上や洋服がラスクの粉で汚れてしまいました。
ラスクを汚れずにお上品に食べるのはなかなか至難の業ですね。

治一郎のラスク 各種10枚入り 税込価格 各388円

(秒刊ライター:マギー)