何でだよ!親父と一緒に食事を拒否した少年が少年院に送られる騒動に全米震撼


Tsimhoni family

アメリカのオークランド家庭裁判所で下された驚くべき判決が全米で物議を醸している。

ミシガン州ブルームフィールドヒルズ在住のシモニー一家は、離婚後の3人の子供たちの親権を巡って協議を続けていた。法廷に持ち込まれた離婚調停は、リサ・ゴーシカ判事のとんでもない発言により予想外の展開を見せる。

「子供は親と健全な関係を築く必要がある」と主張した判事は、子供たちに父親と一緒に食事するように命じた。母親側に付きたかった子供たちがその指示を拒否すると、判事は子供たちを矯正施設に収容してしまったという。



family court

出廷した少年は裁判中、「僕は父が母を叩くところを見ました。乱暴な父とは一緒に居たくありません。」と父親を批判し続けていた。その発言を聞いた判事は、カルト教団の教祖チャールズ・マンソンを引合いに出し、「貴方たちは洗脳されている」と激怒。反省を促すために、14歳、10歳、9歳の子供たちを18歳まで少年院に入れる決定を下した。

子供たちは両親から引き離され、現在面会すら許可されていない。あまりにも理不尽な判決を受けた母親のマヤさんは、自分の子供を返してほしいと悲痛な声を上げている。

「私はあの日以来、睡眠も食事もろくに取れなくなってしまいました。離婚が悪いことだとしても、子供たちが罰せられる必要はないはずです。」

横暴とも言える判事の判決は全米で話題を呼び、抗議のデモが実施されるほどの騒ぎになった。9月に再審理が行われる予定だが、当のリサ判事はマスコミの取材に対し、「係争中の事案に関してはコメントできない」と回答しているという。

―海外の反応

・正気か?なんてふざけた判決なんだ。すぐに子供たちを解放しろよ。

・父親は虐待してたんだろ。だったら裁判所がすべきことは、子供たちを父親から引き離して心のケアをしてやることじゃないのか。

・両親と健全な関係を保つのは大切だけど、無理やり施設に送ったら子供たちの心に傷を残すことになるぞ。

・この子たちは何か悪いことをしたか?

・何で虐待してる父親と一緒に食事しなかったら拘束されなきゃいけないんだよ!

・判事が言うように、母親が子供を洗脳してる可能性は否定できないだろ。どっちにしろ、矯正施設に収容するのはやり過ぎだと思うけどね。

・警察の横暴と一緒だな。

・別の判事に担当させろよ!

・この裁判が終わったら、この判事には辞職してもらいたいね。

・これがドラマだったら、実はこの女判事が一家の父親と肉体関係を持ってたっていう展開になりそうだなw

掲載元

http://www.reddit.com/3clsi3/

(ライター:sha-la-ku)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。