台風11号とんでもないことに!九州・四国を縦断の可能性!

wp1115
3兄弟台風で、沖縄地方に大きな影響と爪痕を残した「台風9号」。しかしそれ以上に大きな影響を与える可能性があるのが台風11号だ。いままで、日本の南海上で停滞し力を蓄えていたがようやく動き出し、西寄りに進路を変え、日本を直撃剃る可能性が出ている。しかも蓄えた分、気圧も低くなり勢力も強い。


ー日本を直撃コース
49

JTWC(アメリカ海軍)の予測によりますと16日から17日にかけて日本を直撃するというコースが予測されている。しかも勢力もかなり強く、気象庁の情報によると16日の中心気圧は935hpa。レベルとしては「非常に強い」となっており伊勢湾台風並み(930hpa)の勢力となっている。もしこれがこのままの勢力を保ったまま上陸してしまうことになると、タダではすまないだろう。

猛烈な風と雨をもたらし、梅雨時で地盤が緩んでいる地域は土砂災害に見舞われる恐れも。十分に警戒したい。

JTWC
http://www.usno.navy.mil/JTWC/ 

気象庁
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1511.html 

(秒刊ライター:Take) 

5 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

これ九州来ないときのルートやん…

秒刊名無しさんでー

何で中国地方完全に通るコースでも頑なに中国地方っていう言葉を使わないんだ?テレビも新聞もネットも

秒刊名無しさんでー

思ったー。九州とか四国だけしかいわないよね…。

秒刊名無しさんでー

台風来てほしい
暑いわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。