革命すぎる!ひまわり8号が改めて凄い解像度だと分かる画像

kakumei

昨日冥王星の写真がNASAから送られてきて、世界中が「冥王星フィーバー」となりましたが、日本では密かに(割と大々的に流行っているが)リリースしたひまわり8号の驚くべき画質も忘れてはなりません。とにかく今までとは比べ物にならないほどの驚異的な解像度と美しい映像を地上に届けてくれているのです。


今までの衛星と、ひまわり8号の映像を比較したもの。色や画質はおろか、その撮影間隔も最大2分間隔と非常に短いスパンで撮影することが出来る。

もはやリアルタイムで超高画質で地球を俯瞰できるようなそのような機能を備えている。さらに撮影されたデータは気象庁からダウンロードすることもできるが、その画像を見れば改めてその驚異的な画質にシビレることとなるはずだ。

ちなみにダウンロードできる画像は11,000ピクセルあるので時間がかかるおそれがある。

今であればちょうど台風11号の様子をうかがい知ることが出来ると思うので、興味があればぜひご覧頂きたい。

高解像度の写真
http://www.jma.go.jp/jma/jma-eng/satellite/news/himawari89/20141218_himawari8_first_images.html

現在の様子(ひまわり8号)
http://www.jma.go.jp/en/gms/smallc.html?area=5&element=1&time=201507150630

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3161277/The-GREY-planet-Japanese-weather-satellite-captures-true-colour-images-showing-Earth-REALLY-looks-like-without-filters-editing.html 

(秒刊ライター:たまちゃん) 

4 COMMENTS

秒刊名無し

ちゃんと太陽が海に映り込んでるんだな、瞳のハイライトみたいに
地球ってやっぱり水の惑星なんだな

秒刊名無しさんでー

裏側は半分砂の惑星になってるんだけどな

秒刊名無しさんでー

11000画素って少なくない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。