ネス湖ヤバイ!ついにその正体が「巨大ナマズ」ではないかと推測される

4527a1a9-s

スコットランドのネス湖といえば、大事な観光資源として「ネッシー」なる生物が話題となっておりますが、現時点ではその正体が明らかとなっておりません。もしその正体が明らかになってしまえば、もしかしたら興味のあったヒトに飽きられてしまい、ネス湖に来てくれなくなり大事な観光収入が減るのかもしれません。そんな危機が今起きようとしております。



ーヨーロッパオオナマズ説?

oonamazu

時事通信社の報道によりますと、現地を長く取材しているスティーブ・フェルサムさん(52)が、この謎の生物の正体について「今最も有力な説はヨーロッパオオナマズだ」とはなしているという。

ヨーロッパオオナマズは欧州中東部が原産で、大きいものは体長4メートル、体重400キロ以上にもなり、最低でも30年生きる。ネス湖にヨーロッパオオナマズが放流された記録がないことはフェルサムさんも認めるが、このナマズが長い間生きていればネッシーのような姿の写真も取れるのかもしれません。

ただ現時点ではその実態がまだ明らかとなったわけではなく、あくまで「謎のいきもの」ということに変わりはありません。

今後も調査をするということですが、調査をすることで本当に正体がバレてしまわないことは祈りたいです。

その他画像や映像
http://www.tmn.jp/archives/27499 

掲載元
http://www.afpbb.com/articles/-/3054793

(秒刊ライター:たまちゃん)

7 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

イカにタコにウナギですね
最近、巨大化生物
多いね~

秒刊名無しさんでー

水抜けばいいやん

秒刊名無しさんでー

何故だれもGooglEarthの写真を貼らないのか。

神崎千恵

私はね巨大なたこ焼き見たよ(≧ω≦)bにゃぴぴ

秒刊名無しさんでー

ネス湖近くに住んでネッシー研究に人生を捧げた研究家が「コブを持つ黒っぽい生物というのはネス湖特有の波が正体」と発表していた筈だが…

秒刊名無しさんでー

オオデンチナマズですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。