ポエムかよ!気象庁「噴火だが噴火と呼ばない」発言にネット動揺

00

日本語というものは非常に難しい物で「好きだけど愛していない」「また飲みましょうね!」だけど実際は誘わない。「激しくワロタ」だけど笑っていないなど実に言葉自体が天邪鬼な点があります。つまり、ギャクを捉えればよいのかと思うが、そういうことではなく単なる社交辞令だったりとややこしくYES!NOではないのです。

さて火山活動が続き、観光に打撃を与えている箱根の大涌谷地域ですが、6月に確認された火口から噴煙にわずかながら火山灰が混じっていると発表。これまで灰のようなものが降ってきたという証言から「火山灰ではない」と発言しながらも、翌日「ごく小規模な噴火」と発表したことから、なかなか「噴火」と直ちに言ってはいけない空気がある中、気象庁の発表は

「噴火だが噴火の表現適切でない」とのことのようだ。

昨年甚大な被害を与え多くの教訓をうけた御嶽山の問題をうけ、既に噴火警戒レベル3とされながらも、「噴火」という表現を直ちに使うにはまだまだ時間と検討が必要のようだ。

掲載元
http://www.asahi.com/articles/ASH7P5QR4H7PUTIL04Q.html

ーネットの反応

・ はぁ?噴火なんだろ?これさー 被害を過小評価しようとしてないか
・ 朝日新聞は「捏造だが捏造と呼ばない」って言い張ってましたね。 
・ 戦争法案も、束ねて安全と平和のラベルを貼り付けて騙して通す時代?  
・ ポエムか何かですか? 
・ これじゃ、だれもしんじなくなる
・ あー,火口から灰の噴出する事象が見られましたが,えー,噴火とは呼びません。
・ 詭弁だわ。
・ 別に噴火で構わないんでは、と思う。 
・ 防災上の理由というのがなあ。
・ 住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので、噴火とは呼ばない」としている
・ 「噴火だが噴火と呼ばない」???
・ そんな玉虫色の説明では小学生は理解できまい
・ 噴火だが噴火と呼ばないってそれ噴火じゃん 日本語難しいな
・ 原発爆発事故→爆発的事象 箱根山噴火→気象庁「噴火だが噴火と呼ばない」
  東芝悪質な粉飾→不適切会計←NEW!
・ こ、こんな程度なら噴火って呼ばないからねっ

(秒刊ライター:Take)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。