マジかよ!ジュースの糖分を「飴」にした結果衝撃的な事実が判明!

liuil

よく言いますよね、ジュースには大量の「砂糖」が含まれているって。そんなことは判っていても何故かこの時期は飲みたくなるものです。そりゃのどが渇けば「コーラ」を一気に喉に流し込めば爽快となり、その場をやり過ごすことが出来るわけです。が、こちらの写真を見るともしかしたらそうも言っていられないかもしれません。



sa

ジュースから砂糖を取り出す方法は最も簡単なものとして、鍋に煮詰めればいいわけです。そうすると飴のようなものができますのでそれが砂糖の塊ということです。今回様々なドリンクでそれを試してみたということなので早速見ていただくと。


koa

でかい、これはどれぐらいのサイズかはちょっとわからないのですが、グラム数で言うと以下のようになったそうです。

コカ・コーラ – 12オンス缶(350ml)→ 砂糖39グラム
マウンテンデュー – 16オンスのボトル → 砂糖77グラム
ジーコ – 14オンスのボトル → 砂糖15グラム
スナップル – 16オンスのボトル → 砂糖47グラム
ビタミンウォーター – 20オンスのボトル → 砂糖31グラム 

海外の飲料が中心なのでわかりにくいのですが、案の定コカコーラが物凄い砂糖の量となっております。

角砂糖1つが4グラムだとすると、コカコーラで角砂糖8個ぐらいですね。
とはいえ、ゼロカロリー飲料はそれはそれであまりよい体に良いものでもなさそうなので、結局は「水」が一番なのでしょうか。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3192741/Photographer-reveals-shocking-sugar-hiding-soft-drinks-boiling-popular-drinks-including-Coca-Cola-Snapple-sized-lollipops.html

(秒刊ライター:たまちゃん)