悲壮過ぎる!クマが草食ならぬ「装飾動物」を捕獲!しかし偽物と気づき悲しい表情

JS70045288

誰でも飯を食わなければおなかはすくものですが、それは動物とて同じ。相手を死なせることにはなるが、そうはいっても食べなければどうしようもないという葛藤は人間も動物も同じようで、なんともせつないものです。そこまで言うのであればすべて野菜生活にすればよいのでしょうけど、それはそれで栄養バランスが崩れ長くは生きられないでしょう。ということでこちらの熊をごらんください。 


JS70045270

こちらはとある不動産業者がとらえた、シュールなクマの顔。クマはツキノワグマのようで、腹が減って彼の庭に出没。そこにおいてあった「鹿の置物」を本物の鹿と勘違いし、もう攻撃を仕掛けたのだという。腹が減っていたのか一気に食いかかるも、それは草食動物ならぬ装飾動物で、くいものではなかった。

その表情がこちらということだ。なんとも切ない顔をしているわけですが、見た目は確かに「鹿」にしかみえないので気持ちはわかりますが、無駄な体力を使ってしまったようです。

クマはせっかくなので、この偽物の鹿と無邪気に遊んで森に帰っていったという。結局腹ごしらえはできなかったものの、時間は潰せたということだ。

彼はその後しっかり食事にありつけたのだろうか。

掲載元 
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/black-bear-attacks-deer-remains-6252488
(秒刊ライター:たまちゃん)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。