どんどん出る!佐野研二郎氏、Tシャツでまた新たな「パクリ?」疑惑が持ち上がる

fwefewf

パクリ疑惑騒動の収拾がつかないデザイナー「佐野研二郎氏」ですが、お盆明けはとんでも無いことになっていそうですね。東京オリンピックエンブレムの際も、出張中でなかなかつかまらなかったようですが、今回も次々と問題が発覚し、騒動の収まる気配がありません。トートバックについてはスタッフが間違えて第三者のものを利用したと複製を認めておりましたが、問題はそれだけにとどまらないかもしれません。

問題のTシャツは「ローリング・ストーンズ」をあしらったもので、佐野氏がこれを手がけたという。そこにはギターを引くローリング・ストーンズのメンバーではなく別のシルエットが描かれていた。ところがそのシルエットは、ローリング・ストーンズとゆかりもないどころか、全く別のアーティスト「ギタリスト、ビレリ・ラグレーン」ではないかと思われる写真が使われていたのだ。

問題の写真は「Bireli Swing ’81」の裏ジャケットの写真から拝借されたのではないかという声もあるようで、佐野氏はこのように次々と盗作疑惑が持ち上がっている状態となっている。

はたしてこのまま収拾がつくのか、それとも最終的には「エンブレム白紙撤回」となるまで収まらないのだろうか。 

―ネットの反応

・ 「パクって左右反転」というのが「佐野スタイル」なのかな?
・ 「佐野氏を擁護してた方々は戦々恐々してるでしょうねぇ」
・ 今まで気付かなかったのがおかしいだろ
・ 風貌もだけど「俺のものは俺のもの、お前のものは俺のもの」みたいな
・ 人のせいなのか? 止まらない盗作疑惑!
・ たキタ━(゚∀゚)━ !!!!! さすが「佐野る」!名前に違わないwww
・ これはもう完全にパクり常習犯だな。。
・ これは完全な盗作だね。こうなると東京五輪のデザインも..
・ こうなって来るとさすがに疑わしくなってしまうね
・ もう完全にアウトだろう
・ もう泥棒だな
・ ネットの住人が動くとすごい事になる、これからがもっとすごいだろう
・ うわあ・・・ソースがゲンダイだけど・・・
・ こうなってくると謎の覆面デザイナーとなって活動を続けるしかないのでは。
・ 真っ黒過ぎて言葉もない 止めよう

(秒刊ライター:Take)