観測史上最大の瞬間風速の台風15号、九州地方に接近するので注意

wp1615

台風15号の動きが気になるところですが、石垣島では23日午後9時すぎに71メートルの最大瞬間風速を観測したという。昭和16年に統計を取り始めてから最も大きい記録ということですが、この非常に強い台風が九州に接近する見込みです。JTWCの予報では、上陸はしないものの長崎や佐賀の方では大荒れとなるでしょう。注意が必要です。

宇宙飛行士の油井さんが言うように「台風の目が恐ろしい悪魔のように見えました」というぐらい大きな台風で現在は、非常に強い台風で中心気圧 940hPa。最大瞬間風速は70メートルを超える。石垣島では観測史上最大だという。

まるで竜巻のような恐ろしい台風が九州に接近中だ。ただ今後勢力は徐々に弱まるよていだが、依然として「強い」という勢力のまま上陸する可能性がある。その後日本海側に抜けるので、本土には直接的な影響はないが、台風の接近に伴い天気が不安定になり大雨のおそれもあるので厳重注意が必要だ。

<25日6時の予報>

中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(80kt)
最大瞬間風速 60m/s(115kt)

掲載元
http://www.usno.navy.mil/JTWC/
http://www.jma.go.jp/jp/typh/151524.html 

(秒刊ライター:Take) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。