「不適切?」案の定鎌倉市図書館のツイートが不適切との指摘

ts

昨日鎌倉市図書館がおもしろいツイートをして話題をよんでいた。その内容とは「学校が始まるのが死ぬほど辛い子は学校を休んで図書館へいらっしゃい」というものだった。この内容に対し、鎌倉市からものいいがついたという。どうやら学校を休んでいいというツイートが不適切ではないかということだ。 

内容としては「ライトノベルもある、学校が辛ければ図書館へおいで」というものだ。このツイートを受け多くのユーザが賛同し反響をよんでいた。ところが、このツイートが教育委員会としては「いかがなものか」ということで物言いがついたのだということだ。確かに教育委員会としては、学校に行かないという選択しはおもわしくはない。

学校教育と図書館を管轄する鎌倉市教育委員会内部で「不適切な表現では」と議論になったという。

引用:ハフィントン・ポストより

http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/26/kamakurashi-library_n_8046562.html

またそれを受けてか更に意味深な発言も。

どうやら心に闇を抱えている辛い学生に向けたメッセージなのかもしれない。このツイートが果たして不適切なのかどうか、やはり意見はわかれるだろう。

(秒刊ライター:Take)

4 COMMENTS

秒刊名無し

いちゃもんつけてるやつらがキモイ

秒刊名無しさんでー

このコメントを認めると自分達が無能だと認めることになるもんね

秒刊名無し

不適切じゃなくて絶賛の意見が大多数だぞ
佐野ルナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。