京都大阪直撃か?台風18号近畿地方に明日最も接近!

wp1815

突如発生しました台風18号ですが、このまま行けば京都や大阪など近畿地方は射程圏内となりえるでしょう。9日には上陸し大雨の影響が懸念されますが、同時に秋雨前線の影響が活発化するものと思われ、東海地方はほぼ全域で飴の影響を受けるかと思われます。台風自体は994hpaと強いものではないのですが、周辺の低気圧への影響が懸念されます。


気象庁の予報によると、9日6時には上陸するものと思われ、その際の中心気圧は985hpaです。上陸後は994hpaと勢力を落とすものの、台風とともに発達している秋雨前線の影響が懸念されます。現在東海地方で大雨を降らしている秋雨前線のパワーが更に強まる懸念もあります。

今後注意すべき進路は京都・大阪など近畿地方。そして日本海側に抜けた後は、温帯低気圧に変わりますが、その後前線を伴う低気圧となりますのでいずれにせよ雨の心配が必要だ。

京都市はきょうは前線の影響で、午前中は時折小雨の降る天気で、午後は雨足が強まることがあるでしょう。あすは台風18号が近畿地方を直撃するおそれがあります。

掲載元
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1518.html

(秒刊ライター:Take)

 

1 COMMENT

秒刊名無しさんでー

キャプテンハーロック副長得意兵器で?水水水‥の山口組狙われる?
難妙法蓮華経から外れた本家ご当主さんの方にそれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。